FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2013年08月20日 (火) | 編集 |
以前、夫婦同士で親しくさせていただいていたAさん夫婦のご主人が亡くなられた時、ふと見上げた空に描かれていたひこうき雲を見て、妻は「あっ、Aさんが挨拶してくれている」とつぶやいた。

三日前、二人で映画「風立ちぬ」を見たあと、見上げた大空に、それは長~いひこうき雲がやはり描かれていた。
映画のエンディングでユーミンが歌う「ひこうき雲」を聞いたばかりだったので、偶然ならざるものを感じてはいた。

実は、昨夜わかったのだが、その日、妻の30年来の友人であるIさんが亡くなっていたのだ。

独身時代にはアパートの一室に二人で暮らしたこともある友人だった。

Iさんのその後の人生は、離婚、病気、二人目の人との死別等々、波乱万丈の30年間だった。

その間、妻はいつも寄り添い、彼女を励まし続けてきた。

もう逃げたいと思ったことが何度もあったという。

それでも寄り添い続けてきた。

「あの子の命はひこうき雲♪」というフレーズがよぎった。

あの日のひこうき雲は、Iさんから妻へのお別れと感謝のメッセージだったのだ。


hikouki.jpg
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック