FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2013年07月04日 (木) | 編集 |
「イリュージョニスト」というフランスのアニメ映画をひょんなことからアンプスの学生たちと観賞することになりました。

M君が「先生は、イリュージョニストっていうアニメを知ってますか?」という質問 をしてきたことが、きっかけと言うかひょんなこと。
私は不覚にも知らなかったし、M君もまた見たことはなかったのですが、いい映画らしいということで友達にすすめているとのことでした。

M君いわく「主人公がおじいさんだというだけで泣けてくる」とのこと。
じゃあ鑑賞会をしようかと言うことになり、私が地元のTSUTAYAでDVDを借りてきてその鑑賞会が昨日実現したという次第。

イリュージョニスト

いやあ、素晴らしい作品でしたね。
手描きのアニメであることもうれしかったけれど、そのアニメート技術の秀逸さには、ただ感嘆しました。
時代に取り残された老手品師と、そんな彼を魔法使いだと思い込んで着いてきたアホな少女との切なくも悲しい、哀愁漂う物語。

アップサイズを避け、極端にセリフを排除した演出(脚本かな?)が見事に独特な作品世界をつくりあげています。
特典映像のスタッフインタビューには各セクションの人達が出てきて熱い思いを語っていたので、学生たちにはいい刺激になったと思います。

アニメっていいね。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック