FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2018年01月01日 (月) | 編集 |
2018年、明けましておめでとうございます。

12月29日から冬休みに突入しました。

とは言え、持ち帰った仕事はたっぷりあります。

冬休みに入ってから今日までの4日間を振り返ります。

29日
せっかくの休みなので、たっぷり寝ようと思いきや、普段の癖で7時には目が覚めてしまい午前中はめいっぱい仕事をしました。

午後から年賀状のあて名書きをして投函。

妻と近所のスーパー等に買い物に行き、夕方から録画していた映画を観ました。

妻が絶対面白いから観てと言い続けていた「ジュマンジ」という映画だったのですが、やっと観ることができました。

言うだけあって、めっちゃ面白いファンタジー映画でした。

お酒を飲みながら観たのでそのあと2時間くらいソファで寝てしまいました。

これもまた休日のだいご味。

手帳で調べてみたのですが2017年は、お正月休み以外では4日しか休めなかった一年でした。

それでもやってこられたのは、やりがいのある仕事だったからとしか言いようがありません。

30日
この日も午前中は仕事をして、午後から妻と二子摩川に行きました。

駅前の高島屋で働いている長男の勇姿(?)を遠目から確認したあとウインドウショッピングを楽しみました。

高島屋のマスコットキャラクター、ローズちゃんです。

高島屋キャラ

高島屋の空中庭園は妻絶賛の素敵な所でした。

高島屋空中庭園


ニコタマにはユニークなお店が沢山あるので、とても楽しめる街です。

中でもTSUTAYAと家電ショップが合体した蔦屋家電は、テーマ別のエリアで本と雑貨や家電がコラボしており、店内の本を買わなくてもゆっくり読めるコーヒーショップもあって、一日いても全く飽きないミュージアムのようなお店なのです。

蔦屋家電

その後は近くで開催されていた絶滅危惧種の写真&映像展を興味深く見せていただきました。

外に出ると、夜のとばりがすっかり降りており、いつしかおなかがペコペコになっていたので駅ビルのレストラン街にある韓美膳という韓国料理のお店で夕食を頂いて帰りました。

私は牛カルビのセットと韓国ビールを頂きました。

牛カルビセット

妻はサムギョプサルのセットとサワーでした。

サムギョプサルセット

とても美味しくておなか一杯になりました。

31日
大みそかもやはり午前から午後にかけては仕事に専念し夕方少し妻と買い物に行き、夜はゆっくり入浴したあと、紅白歌合戦を見ながら妻と息子(長男)と3人で年越しそばをいただきました。

無事にこの時を迎えられたことには、ただ感謝しかありません。

紅白では特別出演した安室奈美恵ちゃんの歌う姿に感動してしまいました。

あむろ2

引退を間近にした彼女の激動の半生が歌声やその姿から伝わってきたからでしょう。

紅白の後、ジャニーズでカウントダウンして2018年を迎え床に就きました。

元旦
雲一つない快晴の元旦でした。

11時から3時ころまで次男夫婦と孫二人が来てくれてハチャメチャの大騒ぎでしたが、かわいい孫たちに癒されました。

たつみつゲーム

その後、年賀状の返事を書いて投函。

さらに録り貯めてあった映像を、おせちを頂きながら見まくりました。

と言うことで、元旦は全く仕事をせずに終了。

まさに平和な年越しでした。

休みが明ければ激動の日々がまた始まることは目に見えていますが、今年は安穏(あんのん)なる境地で生き切りたいと思っています。

私の言う安穏とは、何も問題のない無難な状態のことではなく、何があっても富士の如く微動だにしない内面の境地のことです。

平成時代はいよいよ来年の4月で終わることになりました。

激動の昭和時代に対して、平成時代は「失われた20年」と言われるように停滞の時代だったように思われます。

携帯やPCが世の中を大きく変えはしましたが、人が人の目を見ずモニターばかりを見続ける異様な世界になってしまったことも事実。

このままで良い訳がありません。

個人としても社会としても、変革を迫られている大事な時なのだと思います。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック