FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2017年11月27日 (月) | 編集 |
札幌の高校で教師をしている弟の一家が我が家に来て、なんと4泊し、今日帰って行きました。

弟と美人の嫁さんと中2の娘と小4の息子の4人です。

ベストボディ盛岡大会で優勝した弟が東京で開催される全国大会に参加する為、上京して来たのです。

それに合わせて息子と孫も遊びに来たので貴重なツーショットが撮れました(と言っても私がいない時に妻が撮ったのですが)。

1511831137730.jpg
弟の将春と孫の竜輝

凄いムキムキだ。

息子は、社員旅行で越後に行った時のお土産を持って来てくれました。

etigo.jpg

ありがたいことです。

大会に出た弟は、残念ながら結果として予選で敗退してしまいました.。

次年度もチャレンジするかどうかは未定とのこと。

弟はミニマリストであり、将来設計を明確にして、かなりストイックに生きているようです。

人は目標を持って、目先の楽しみを犠牲にしてでもそこに近づく事に幸せを感じるタイプと、目標を持たず目先の楽しみを大切にするタイプがあるように思われます。

私はどちらかと言うと前者ですが、後者が刹那的で良くないと言う気はさらさらありません。

私の妻は明らかに後者で、彼女を見ていると「今に生きる」ことの大切さに気付かされることが多いからです。

世の中には、「将来どうなりたいとかはないけれど幸せになりたい」と言う人は沢山いるでしょう。

私はずっと、幸せイコール目標の達成だと思っていましたが、そうではないのかもしれませんね。

美味しいものを食べて、愉快に騒いで、やりたいと思ったことをやっていく。

そういう人は楽しい日々を継続するための収入や健康の維持が目標(?)になるのかもしれません。

いずれにしても、大切なのは自分を偽らず、ストレスをためないこと。

ないものを嘆かず、あるものに感謝すること。

人の幸せを喜んであげられる自分になっていくこと。

その上で、前者と後者を融合した生き方がいいのかなとも思います。

世界的にみても資本主義と社会主義が融合してきているし、全体と個の融合と言うことも論じられています(これはちょっと難しい話なので掘り下げるのは後日)

「こうあるべき」だと決めつけないで多様な価値観を受け入れること。

「こうあるべき」と言う考え方への執着が苦しみを生み、柔軟さを失わせ、視野を狭くしていきます。

苦しいとき辛いとき、そこから逃げたくなりますが、実はその苦しみを生み出している自分の中の執着を捨てることで囚われている心を開放出来るのです。

ともかくとして、どちらかに偏りすぎると言うのがいけないのかもしれません。

中道、中庸でいこう!

そんなことをつらつらと考えたのですが、「それでOKだよ」というメッセージがありました。

20171126_211020.jpg


今夜、帰宅途中でした買い物の合計値段が2222円だったのです!


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック