FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2017年09月30日 (土) | 編集 |
半年間、出勤前に見続けてきたNHK朝の連続ドラマ小説「ひよっこ」が今日、最終回を迎えました。

感動の最終回だったので、11時に帰宅してから録画をもう一度見てしまいました。

20170930_235228.jpg

奥茨木から集団就職で状況してきた矢田部みね子(有村架純)の4年間の物語。

朝ドラの基本である立身出世物語ではなく、平凡な少女の平凡な成長物語なのだ。

不安をあおるようなニュースが氾濫する時代、ホッコリするようなニュースに特化した番組があってもいいように思いますが視聴率至上主義のテレビ界にあっては無理な話。

そんな中で、韓国ドラマのような極悪人は一人として出てこず、すべての人が善人で物語を成り立たせたことはすごいことだと思います。

「ひよっこ」は涙あり笑いありのストーリーで、私が小学生時代を過ごした昭和40年代が描かれていたこともあってノスタルジー要素もふんだんにありで見逃せない朝の日課になっていました。

20170930_235511.jpg

うわー、ひよっこロスだー!

有村架純が可愛かったー!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック