現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年08月12日 (土) | 編集 |
昨日は3時半に仕事を上がりました(祝日やけん、よかろうもん)。

妻が習っているジャズダンスの発表会を見に行く為でした。

20170813_092429.jpg

場所は清瀬のけやきホールで、時間は4時半から8時まで。

よく踊れていたと思います。

他にもバレエやヒップホップ等があり、年齢もちっちゃな幼児からピチピチのギャル、そしておばちゃん達まで幅広く、先生達やゲストも登壇したのでとても見応えのある公演でした。

そもそも人はなぜ踊るのか、ということの解明は文化人類学者の研究にお任せするとしても、歌やダンスのない民族はないだろうし、これは動物と人間を別つ要素の一つと言えるでしょう。

妻の習い事は、仕事にしていたアニメは別として、トールペイント、ドールハウス、ピアノを経てジャズダンスに行き着いています。

表現者として常に何かをしている妻を誇りに思うし、ダンスは健康の為にもなるので末長く続けてもらいたいと思っています。

私が社会人になってからした習い事は、考えてみれば自動車の教習所に通ったことのみです。

34才の時で、東映動画に通勤しながら朝イチの時間帯で習いに行っていました。

当時、東京の杉並から埼玉の新座に引っ越した頃で、まだ子供も小さくて車がないと何かと不便だったと言うのが第一の理由でしたが、ただ、車の免許がほしいという潜在的な欲求があったことも事実。

仕事しながら教習所に通うことは大変だったと思うのですが、ワクワク楽しかったと言う思い出しかありません。

最後の筆記試験では午前中の回で一度落ちてしまい、午後の回で辛うじて受かったこともあり、免許証を手渡された時はものすごく嬉しかった記憶があります。

今は講師として教える側の人間ですが、余裕さえあれば、ヨガとかピラティスとかCGとか韓国語とか習いたいことはいっぱいあります。

まぁ、現状では物理的に無理なのですが…。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック