現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017年07月12日 (水) | 編集 |
抱えている仕事量は多いのですが、チェックの戻りが遅れているため、今日の午前中は手空きになると言うことが昨夜の段階で分かっていました。

そこで今朝は地元の喫茶店「オランダ坂珈琲邸」に行って妻と優雅にモーニングを頂いてから出勤しました。

実は妻から「押し入れにしまいこんでいた箱から膨大な量のばら写真が出てきたので取捨選択したい」と言われていたので、それを持って行きました。

自分が赤ん坊の頃から20年くらい前までの写真で、中には全く見覚えのないものも少なからずあって、驚いたり笑ったり…。

幼児期キミハル
幼児期の私(右)。隣は兄貴です。

ボーッとした少年がアニメの道を志し、アニメ業界で奮闘し、アニメの専門学校で講師をしていく流れの中で、結婚して子供ができて、その子供が小学6年生になるくらいまでの写真でした。

20代キミハル
たぶん23歳くらいの頃の私。隣の女性は事務の阿部さん。アニメスタジオの遠足でのスナップ。

33歳くらいのきみはる/>
たぶん33歳くらいの私。二人の息子たちとのスナップ。

いやぁー色々あったなぁーと、ただ思うばかり。

山坂越えて来たけれど、これらの写真のそのあとの方が実は遥かに波乱万丈でした。

これからも、まだまだ色々あるでしょうが「全てのことは良くなる為に起こっている」と心に定め、宮沢賢治のように「雨にも負けず、風にも負けず…」生きていこうと思います。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック