現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2017年07月04日 (火) | 編集 |
終ったばかりの仕事の制作進行さんから「もしかしてカット33がお手元にありませんか?」と言う問い合わせがありました。

「カットはすべて出してますけど。」「そうですよね、分かりました、探してみます」と言うやり取りがあって、その後何も連絡がなかったので見つかったのだと思っていました。

それから数日たった昨日、そのカット33が、なんと私の机の棚から出てきたのです。

しまったぁ~! と先ず思いました。

次に黙ってようかな~とも思いましたが、人として人間としてそれは出来ないと判断して制作進行さんに電話を入れました。

制作進行さんは「あのカットは見つからなかったので作画監督さんに頼んで描いてもらっちゃいました」とのこと。

いつもにこやかな制作進行さんの声のトーンがかなり低かったことは言うまでもありません。

ただ謝るしかなく、とりあえず取りに来ると言うので、来られた彼にはただ頭を下げるしかありませんでした。

反省の意味も込め、この一件を「カット33事件」と名付けて記録に留めておこうと思います。

常に2~4本の仕事を同時並行でやっている上に、最近は特に忙しくて机が乱雑になっていたのがいけなかったのだと思います。

学校関係の事務的なことや課題の作成や添削も全て同じ机でやっているので一日の中で物を探す時間がかなりあって、その非効率さを何とかせねばと思っていた矢先の事件でした。

と言うことで、今朝は先ず机の整理整頓からスタート。

20170704_102458.jpg

やや中途半端ですが、要らないものは捨てて、要るものは所定の位置に置いて、混在を無くしました。

さあ、がんばっぺー!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック