現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2017年06月29日 (木) | 編集 |
GYAOで観ていた韓国ドラマ「夢見るサムセン」全120話を本日、完視聴。

お約束通り、涙涙の大団円。

子供のころすり替えられた主人公が苛酷な人生を歩みながら漢方医を目指していくと言う物語です。

さむせん

どこまでもピュアな主人公サムセンを心に闇を持った悪意の連中があの手この手で不幸にしようとする展開にはかなりイライラさせられましたが、必ずハッピーエンドになるという既定事実だけを心の支えにして見続けました。

最終回のラストは韓ドラにありがちな5年後のシーン。

何とその間に重要な人が二人も亡くなっていたとは(オイオイ)!

サムセンは結婚して子供まで生まれてるし、妹のチャンヒはちゃっかりと歌姫になっていて、最後の宴のシーンではドラマの主題歌を歌うというおまけ付き。

いやぁ、とにかく精魂尽き果てました。


しかし韓国ドラマには偶然の立ち聞きが多いなぁと思います。

しかも立ち聞きしていることが何故ばれないんだ?…と言うか絶対視界に入っているだろうという場所での立ち聞きなのです。

韓国では妹が兄を呼ぶときオッパと呼びますが、それを見て必ずしも兄妹だと思ってはいけません。

恋人や親しい男の友達を呼ぶときもオッパと言います。

ややこしいことに弟が兄を呼ぶときはヒョンと言うのです。

以上、豆知識でした。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック