現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017年04月03日 (月) | 編集 |
4月19日から23日まで、我が地元、所沢の西武デパートで「人気アニメセル画展」が開催されるとのこと。

販売もされるそうなのですが、驚いたのはそのお値段。
tirasi1.jpg

ちらし2

安いものでも10万円前後、高いものだと50万円近くまであってビックリです。

私もかつてはセル画を相当量もっていたのですが、人にあげたり、捨てたり、「まんだらけ」に売ったりで、今は50点ほどしか残っていません。

どのくらいの価値があるかは分かりませんが、このチラシの値段を見る限り、宮崎駿の初監督作品「未来少年コナン」なんかは20万円、いや30万円の値段を付けてもばちは当たらないかもしれません。

コナン

しかし、たとえ買いたいと言う人が現れても、そんな値段はとてもじゃないけれど罪悪感でつけられませんね。

白黒テレビ時代の「少年探偵団」のセル画もあるのですが、その希少価値は相当なものだと思います。

白黒時代のセル画はハンドトレスなので線の劣化がありません。

実は、昭和40年代後半以降はトレスマシンで線を転写しているので、明るい所に置いておくと線が劣化するのです。

アニメの彩色がデジタル化されて久しいので、セル画と言うものを見たことがないと言う若者が年々増えていますが、それは時代の流れと言うものでしょう。

私が子供の頃にあって、今ない物って何だろうかと考えてみます。

黒電話

ダイヤル式電話(黒電話、のちにカラーも出た)。

トランジスターラジオ。

チャンネルを回すテレビ(もしくは白黒テレビ、真空管を使ったテレビ)。

レコード。

絞り器の付いた洗濯機。

ブザーの呼び鈴(ブーって鳴るやつ)

タイプライター(高校生の時、欲しくてたまらなかった。今じゃワープロ専用機ですら遺物ですね)。

コンビニエンスストア。

逆に当時は無くて今、世の中を一変させた最たる物と言えば、パソコンでしょうね。

それに準ずる物は携帯電話(スマホ)だと思います。

世の中はどんどん便利になっていますが、果たして人の内面はどうかと言うと、逆に劣化した部分すら感じられてしまい、悲しいものがあります。

そこで一首。

昭和時代 誰もが夢見た 新世紀 心の進化は 一周遅れ


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック