現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年03月19日 (日) | 編集 |
昨日の夜、5年前に卒業したアンプス一期生のS君が、友人を連れてスタジオを訪ねて来ました。

友人と言うのはS君が一瞬勤めていたゲーム会社でアルバイトをしていたO君と言う22歳の青年です。

東京造形大学を先日卒業したばかりで、4月からは大阪の大手ゲーム会社に勤めることになっているとのこと。

そのO君が大学時代に作ったアニメを4本、見せて貰ったのですが、どれもスピード感あるアクション満載の秀作で努力と才能の両方を感じました。

一方、S君の方は結局、アニメもゲームも諦めて、今月から一般の事務職に就いたとのことですが、これもまた人生と言うもの。

春は新たな旅立ちの時。

アンプスの学生たちも三日後に卒業式を迎え、それぞれの職場に巣だっていきます。

そして新入生が入学してきます。

それぞれの旅立ちや出発を満開の桜の花が間もなく祝福してくれるでしょう。

私自身は旅立つ訳でもなく、新たな繰り返しの日々を迎える訳ですが、ただの繰り返しではなく、スパイラル的に常に高みを目指していきたいと思っています。

昨夜は、O君とS君の新たな旅立ちを祝って、中野の「とらじ」で焼き肉をご馳走してあげました(若者はよく食う)。

とらじにて

「得」ではなく「徳」を積む生き方を心掛けたいと思う昨今なのです。

楽しい夕べになりました。

ここで一首。

損得や 快か不快で 選ぶより ただひたすらに 徳を積まんと


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック