現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年02月21日 (火) | 編集 |
今朝、こんな夢を見ました。


いつもより早く慌てるように家を出た私。

設定的にかなり若い頃のようだ。

雨が降っていてとても寒いので、体に毛布を巻いて傘をさしている。

足の甲に雨があたって冷たいので見てみると靴下を履き忘れている。

「そうだ、ひげそりも忘れていた」と気付き、あごを触ってみたところツルツルなのだ。

剃ってないのになぜツルツルなのだろかと首をかしげるも、ひとまずは良かったと思う。

やがて中野サンモールのようなアーケードに入ったところで(夢の中なのに)猛烈な眠気に襲われる。

そのまま横になり毛布にくるまって眠ってしまう。

ふと目覚めると、周囲はホームレスの人たちが大勢たたずんでいる。

慌てて立ち上がりその場をあとにするが、傘を忘れてきたことに気付き引き返す。

私の傘はなくなっており、盗まれたのだろうなと思う。

代わりにグリップの壊れたボロボロの傘があったので仕方なくそれを持って先に進む。

途中、目付きの鋭いやせ型の男に声を掛けられる。

その瞬間、この人に会うために自分はここに来たのだと言うことに気付く。

その人は私を売り出す為のマネージメントをする人のようだ。

その人は命令調で「身なりに気を付けろ」と言って私に鏡を渡す。

見てみると髪がボサボサでひどい。

「最近忙しくて手入れができませんでした。今日にでも床屋に行きます」と言い訳を言う私。

歩きながらその人は「何かスポーツをやっていたか」と聞いてくるので「卓球をやっていました」と答える。

「卓球は何だったか?」という抽象的な質問に答えかねて「それはカットマンとか前陣速攻型とかそういうことですか?」と聞くと「組織のことだ」と言い、アルファベットの組織名を二つあげてくる。

その片方に聞き覚えがあるのでそっちだと思うと答えると、その人は目を輝かせて「それは使えるぞ!」と色めき立つ。

適当に答えたので後で経歴詐称になったらどうしようかと心配になるが、そんなことが言える空気ではないので黙っていることに。
やがてその人が「着いたぞ」と言う。

てっきり大きなビルに行くのだと思っていたのだが普通の住宅街である。

「個人宅なんですか?」と言う私の質問には答えず、その人はやや動揺した様子で「ここで待ってろ」と言って立ち去る。

近くにお茶屋さんがあり、その横にはお茶の木とテントの休憩所がある。

テントの中の椅子に妻がいてお茶の木からちぎった葉っぱを食べて「美味しい」と言う。

そんなことしていいのかと思っていたら、お茶屋さんの親父が満面の笑みで出てきて「葉っぱが美味しく食べられるお茶こそが本物です」と言う。

そこで私も葉っぱを一枚ちぎって口に入れる。



そこで目が覚めてしまい、その後の展開が分からずじまいとなり残念に思いました。

傘やマネージメント男は、いったい何を象徴しているのでしょうか?

私の中に、失うことへの畏れや承認欲求があるのでしょうか?

珍しく鮮明な記憶として残った夢なので、とりあえず記録しておきます。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック