現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2017年02月09日 (木) | 編集 |
今日の未明、幾度も目覚めては寝て、その度に空を飛ぶと言うか空中に浮遊する夢を何度も見ました。

今朝起きたら、10年来飼っていた手のり文鳥のランちゃんが永眠していました。

らんちゃん

おりしも外には雪が舞っていました。

夢も雪も何故か偶然とは思えませんでした。

手のりだった為か、いつしか情が移っていたようで、思い出話をする度に胸が詰まり涙が滲んできました。

と、突然室内から、ピヨピヨと小鳥のさえずりが聞こえてきたのでおったまげました。

ランちゃんが生き返ったのかと思いきや、妻のスマホのメッセージの着信音でした(吉本新喜劇ギャグか)。

ランちゃんは、妻がかつて具合の悪くなった友人から引き受けた文鳥なのですが、その友人はその後、若くして亡くなっています。

今ごろはあっちの世界で再会していることでしょう。



ところで、GYAOで見ていた韓国ドラマ「オ・ジャリョンが行く」が昨日、涙涙の最終回を迎えました。

おじゃりょん

いやー、面白かった!

裏表なく、周囲の人たちが喜ぶような生き方をしていれば、最後には必ず福が来るというのがテーマ(だと思う)。

全129話という長丁場だったこともあり個性豊かな登場人物たちと、もう会えないかと思うとさびしいです。

しばらくは、ランちゃんロス、オ・ジャリョンロスが続くかも。



今夜、妻とマリンバのコンサートに行ってきました。

女性4人のアンサンブルです。

マリンバフル

実は、仕事が立て込んでいて、とても行けるような状況ではなかったのですが、チケットを無駄にはできないので強行退社。

そういうときは何もかも忘れて「今」に生きるに限りますね。

図らずも、とても素敵なランちゃんの追悼コンサートになりました。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック