現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2016年11月08日 (火) | 編集 |
10日ほど前に腰を痛めたのですが、痛みがだんだん左のおしりから足の方へ移ってきて、最近は座るのが辛い状況になってきました。

しばらく座っているとおしりから太ももが耐え難いほど痛くなってきます。

立ち上がるときも痛いのですが立ち上がってしばらくすると痛みがなくなるのです。

再び座ると10分くらいでまた痛みだして、また立つという繰り返し。

靴下を履くときのポーズが最も痛くなるので、ここのところ妻に履かせてもらっているという情けなさ。

これでは仕事にならないので今日の日中、職場近くの商店街「愛ロード」にある「笑顔道」という整骨院に行って治療を受けてきました。

えがおどう

坐骨神経痛とのことで、しばらくはあまり間を開けず通院することになりました。

最初のアンケートで、1週間7日勤務、一日12時間仕事と書いた部分に驚かれました。

とにかく、一刻も早く治して、今度こそはメンテナンスと筋トレで頑健な体にしようと決意しています。

実は、これまでに何度も腰を痛め、その都度そのような決意はしてきました。

しかし、忙しさ故に無理をしてしまい体が悲鳴をあげるという事態を繰り返してきたのです。

いい加減に学ばないとただの「しくじり先生」になってしまうので、今度こそはと思っています。

ちなみに「しくじり先生」という番組は本当に教訓に満ちたいい番組ですよねー。

一度はどん底に落ちた著名人が先生となって生徒役の芸能人たちにその半生を語っていくという内容ですが、人は苦難に遭遇してこそ学び、そして成長出来るものだと言うことを説得力を持って教えられます。

苦難を回避することも大切ですが、いざ遇ってしまったら「学びと成長チャンス」が「苦難」という仮面をつけて現れたのだと思って先ずは受け入れ、メッセージを汲み取っていきたいと思います。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、学び切れなかったゆえの今回の惨事であることは間違いありません。

今回こそはと、固く心に誓うおばた先生でした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
同病相憐れむ
無理をなさらず、ご自愛ください。
2016/11/24(木) 00:33:26 | URL | K2君 #ETOpQllc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック