FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2016年09月03日 (土) | 編集 |
昨日は金曜日。

金曜日は、授業がない唯一の曜日なのでアニメの仕事のやりくりがつけば(あくまでもつけば)比較的自由にできる唯一の曜日なのです。

と言うことで、4時に仕事を上がって5時に浦和で待ち合わせした妻と映画を観てきました。

駅前のパルコの6階にあるユナイテッドシネマ浦和で先ずは映画のチケットを買いました。

始まる迄の間(1時間余り)、早目に来ていた妻が見つけていたレトロな純喫茶で時間を潰すことにしました。

店名は何と「埼玉屋」と言う、信じがたいほどにださいネーミング。

しかし、中は広くて綺麗かつ、お洒落でレトロな空気の漂う、素敵な空間でした。

しかも店の真ん中には、あり得ない物がドーンと鎮座ましましていたのです。

222.jpg

それは何と、電話ボックス。

携帯のなかった往時にはさぞかし活躍したものと思われます。

埼玉屋さんではチーズケーキと紅茶のセットを頂いてきました(美味しかった)。

それからいよいよ映画館へ。

観てきた映画は新海誠監督の3年ぶりの新作アニメ「君の名は。」です。

君の名は。

「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」で感動させてくれた新海誠監督の本格的な長編メジャー作品なので楽しみにしていました。

見終わった感想としては星5つ。
ズシッと心に響くとても良い作品でした。

新海ワールドの独自性をしっかり保ちながらも万人受けするエンターテイメント性が加味されていて、新たなステージに昇った感がありました。

興行的に大ヒットしているようで、私の新海ちゃんが、皆の新海ちゃんになってしまったのね、という一抹の寂しさも否定できません。

あるインタビューで「この作品の為にどのくらい仕事をしてきたのですか?」という問いかけに新海監督が「この3年間、1日15時間仕事してきました」と答えていました。

さすがに15時間は苛酷に思えますが、好きな仕事に没頭している間はワクワクが辛さに勝るのでしょうね。

レベルは違えども私もまた何度も味わってきた体験があります。

私の仕事時間は、ほぼ毎日12時間です。
と言うか12時間に押さえています。

以前は13時間だったのですが、健康と家庭の平和の為に1年くらい前から12時間にしました。

ほぼ無休なので大変ですねと言われることもありますが、自分ではあまりそういう実感はありません。

仕事的にストレスがないので持っているのだと思います。

新海監督の15時間という思い入れの成果は100%作品に反映されていました。

「シンゴジラ」もそうでしたが、「君の名は。」もまた、3,11の学びを歴史に刻み、我々の心に留める為の意義深き作品であるように思うのです。

333.jpg

観終えた後は、デニーズでローストビーフ丼とワインを頂いて帰って来ました。

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック