FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2016年03月13日 (日) | 編集 |
一昨日、妻と大島に行って来ました。

一応、私の誕生日記念と言う名目で申し込んだ「特選椿巡りコース」という東海汽船のツアー。

竹下桟橋から、8時10分発の高速ジェット船(時速80キロ)に乗ること2時間、大島の岡田港に到着。

船内行き
船内は飛行機と似た感じ

下船
大島岡田港にて下船

生まれてこのかた島という所に行ったのはこれが初めて。

大島は葉っぱの形の島で、正式には伊豆大島と言い、面積は山手線の内側くらいで、人口は約9000人とのこと。

見た限りでは大型店舗やコンビニもない、極めて田舎と言った感じの島でした。

小雨降りそぼる中、観光バスに乗ってまずは椿花ガーデンへ。

椿ガーデン

椿と言うのは別品種の椿と交配したがる花らしく、その為に2200を越える膨大な品種があって、それぞれの特徴を楽しめるのが良いところのようだ。

これは流刑人の末裔と言う陽気な案内人のおじさんの解説である。

「晴れて温かい日よりも、雨が降って寒い日の方が花が凛として美しいですよ」と言うおじさんの言葉を心の拠り所にして強風と雨の中、時には傘をオチョコにしながら椿を見て回りました。

その後、大島温泉ホテルに向かい、そこで昼食。

昼食

島っ子膳という海産物尽くしの献立でした。

肉がたべたーい!

その頃から雨が雪に変わり、あっという間に積もり始めました。

次の三原山山頂へ向かう時には10メートル先が真っ白で何も見えないという状態で、そんな中でのバスの運行にヒヤヒヤしました。
山頂
案内板も雪に覆われてしまった

大島で3月に雪が降るのは極めて珍しいとのことなので、得難い体験が出来たと喜ぶことにしました。

今回のツアーのキャッチフレーズ「椿まつり、いいとこどり」が「雪まつり、あまやどり」になってしまいました。

その次に行ったのが最大のみどころである大島公園。

低いところに降りてきた為か、雪は再び雨になりました。

東京ドーム1,5倍の広さを誇る園内に約5000本の椿が咲き誇る大島最大の名所。

園内には動物園や椿資料館も併設されています。

椿踊り

動物園

椿資料館

椿園

見て廻っている間に雨がやっと止んでくれました。

その後は岡田港に戻り、船が出る迄の間、お土産屋さんを見て回ったり、路地裏を見て回ったりしました。

今回のツアーで面白かったのは、バスで隣の席に座っていた双子の姉妹が、宝塚の元トップスター、水夏希にそっくりだったこと。

水姉妹
水姉妹の後姿

宝塚好きの妻が興奮して、もしかしたら本人かもとか言い出して、彼女らを水姉妹と名付けて観察を始めました。

見て回ってバスに戻る際に、いつも最後に戻って来るのが水姉妹だったのも笑えました。

ほぼ完全に別人と分かってからも、水夏希の明日のブログをチェックしようとか、ネタにして楽しみました。

竹下桟橋に戻ってからはゆりかもめで新橋に行き、妻が以前から一度行ってみたいと言っていた「パーラーキムラヤ」さんと言うレトロな喫茶店で夕食を頂いて帰りました。

キムラヤさん

私はナポリタンとフルーツパフェで、妻はチキンライスとプリンアラモード。もちろんコーヒーもチェック。

雨には祟られましたが、それがかえって思い出にもなった。楽しい一日でした。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック