FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2016年01月02日 (土) | 編集 |
1月2日。

今日は昼過ぎから、妻と東京駅周辺に行ってきました。

特別な目的はなく、色々見て歩いて、丸の内のイルミネーションを見て帰ろうくらいの感じで出発しました。

そして、実際にそんな感じでブラブラして帰ってきました。

唯一、具体的な目的があったとすれば、年末年始で体重が増加してしまったので沢山歩いてカロリー消費をしようという事ぐらい。

東京駅昼

今日の朝はどんより曇っていましたが、東京駅に着いた頃はほとんど快晴となり、温かいくらいの行楽日和になっていました。

駅ビルの構内に、キャラクターストリートというエリアがありました。

ムーミンやリラックマ、キティ等、有名キャラのショップと並んで各テレビ局のショップもあって、人気番組のキャラグッズやお菓子等が売られていました。

東テレのショップでは、なんと、おそ松さんのステッカー販売機を発見!

ある親子が大騒ぎしながら300円を投入して買っていました。

おそ松ステッカー

1年生くらいの男の子が「十四松ってバカだからね」と言っていましたが、それってつまり、あんな危険な深夜アニメを小さいお子様が見てるってこと?

昼食をどこで食べるかがなかなか決まらず、かなり歩き回って、結果的に北町ダイニングというレストラン街の東京屋台というアジアン料理店で中華料理をお酒と一緒に頂いてきました。

昼間に飲むビールは開放感の象徴ですね。

アジアン料理

その後、KITTEに行って、沢山の雑貨屋さんを見て歩いたあと、丸の内のイルミネーション通りを歩き、最後は東京駅の駅中「Ecute」をブラブラ。

イルミ丸の内

イルミネーションはもちろん綺麗でしたが、夜の東京駅もまた幻想的で素敵でした。

夜の東京駅

妻が最後に喫茶店に行きたいと言うので、本屋さんと一体化したカフェに入りました。

駅構内には、そこ以外にも雑貨屋さんや本屋さんと一体化したカフェがありました。

そんな新しい形態を面白く思いますし、何か仕事のヒントにもなるかもしれないので心に留めておこうと思います。

カフェでは、コーヒー一杯ずつと、それほど空腹ではなかったので二人で一皿のカレーを注文して疲れを癒してきました。

カレーは鹿肉のジビエカレーと言うものでした。

鹿肉カレー

ジビエの意味は知らなかったのですが、調べてみると「家畜ではなく狩猟によって捕獲された野生の鳥獣のこと」だそうで、ひとつ勉強になりました。

もしかしたら、人生初めての鹿肉だったかもしれません。

実は、午前中に自宅でウォルト・ディズニーのドキュメンタリー番組を見たのですが、その中でバンビの映像が随分使われていたのを思い出して少しだけ心が痛みましたが、とても美味しい肉でした。

疲れきって帰宅しましたが、休日を満喫した一日でした。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック