FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2015年02月08日 (日) | 編集 |
昨夜、Y校時代の教え子が大量の栄養ドリンクを差し入れに持って、スタジオを訪問してくれました。

ドリンク

その後、中野の台湾料理屋さんで食事をしました。
「味王」と言う店で、店員さんが台湾の人のようで意思の疏通に若干の難はありましたが、店名の通り味は良かったです。

中野には無数のお店があるので出来るだけ同じお店には入らず開拓したいと思っています。

さて、卒業生の彼とは10年ぶりの再会です。

彼は卒業後、何年かは3つのスタジオを転々と移りながらアニメーターをしていたのですが、首の手術をしたのを機にアニメをやめて、今は真っ当な会社に勤めています。
去年付き合い始めた彼女がいて、彼女のご両親にも挨拶に行ったとのこと。

在学中から苦労ばかりしてきた彼なので、幸せになってもらいたいと心から思いました。

当たり前のことですが、人それぞれの人生があって、それらが交錯し、そこに出会いや別れがあると言うことに、しみじみと感慨を覚えます。

人とふれ合う時には、善意を感じる事もあれば損得勘定や悪意を感じる事もあります。
それらが、いいとか悪いとかではなく全てが学びであると捉えるようにしています。
少なくとも自分は、裏表なく常に善意を発していける人間でありたいと思ってはいますが、果たしてどんなものでしょうか。


今日、現場研修に通いはじめて一週間経つ2年生のMさんが、一週間の報告に来てくれたので、1時間くらいお喋りをしました。

研修自体は大変だけれど、とても雰囲気のいい職場なので本当に良かったです、とのこと。
なにより、なにより。
今日は日曜日でお休みですが出来れば行きたいくらい、という瑞々しい意欲をキラキラした目で語っていました。
素晴らしい!

今はまだ、穏やかな海への航海が始まったばかりなのでしょう。
というか、まだ港すら出ていないのかもしれません。
今後、間違いなく襲いかかってくる幾つもの嵐を乗り越えながら、そのたびに成長していってほしいと心から思ったおばた先生でした。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック