FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2015年01月18日 (日) | 編集 |
昨日は4時40分に仕事を上がりました。
神奈川県の大和市で毎年やっている高校時代の仲間との同窓会的新年会に参加する為です。
去年は学校の仕事の為に参加出来なかったのですが、今年は調整して行かせてもらいました。

8人の面々が集まったのは「やまとんちゅ」と言う沖縄料理ベースの焼肉屋さん。

やまとんちゅ

もっぱらの話題は、定年後にどうするかとか、人間ドックに入った方がいいとか、年寄りじみたものになってきましたが、それもまた年相応というものか。
「小幡は定年がなくていいよな」と言われて気づいたことがあります。
そうか、だから人生設計ができないんだ、と言うこと。

二次会はカラオケに行き、古い歌謡曲やアニソンを熱唱して散会。

その時点で11時。
一番遠方から来ている私にとっては終電ギリギリの時間でした。
小田急線で登戸、そこから南武線に乗り換えて府中本町、そして、武蔵野線の最終電車に乗った所までは順調だったのです。

最終電車に間に合って、気が緩んだのが間違いのもと。
ちょっとボーッとしてふと気が付くと、電車が駅のホームに停車していました。
「あ、東所沢だ」と思って飛び降りてしまったのです。

ホームに出て間違いに気付いた時には無情にも、私の背後で自動ドアが音もなく閉まっていました。
そこは東所沢ではなく、4つも手前の北府中だったのです。
そもそも東所沢が終点の電車だったので慌てる必要すらなかったのに、全てはあとのまつり。
寒風吹きすさぶ中、最終電車の走り去った北府中駅のホームに一人ぽつねんと立ち尽くす中年親父の悲哀を誰か知る…。

帰宅手段はタクシーしかなくなり、何と6940円もの出費を余儀なくされてしまいました。
楽しかった新年会の最後の最後に土がついてしまったと言うおそまつ。
後に、私の歴史に「北府中事件」として刻まれるかどうかはまだわからない。

翌朝(今朝)妻が「良かった探し」で慰めてくれました。

1、府中刑務所に収監されたんじゃなくて良かった。

2、1万円で3千円もおつりがきて良かった。

3、私(妻)も一緒に行ってたらもっと出費してたから良かった。

4、車があったとき毎年2、3回はバッテリーがあがってたのに比べれば安くあがって良かった。

5、救急車で運ばれたんじゃなくて良かった。

「うーん、それもそうだなぁ」とやっと立ち直る事ができました。

「無駄遣いして、この馬鹿亭主!」と、なじるような妻でなくて本当に良かった。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
素敵な奥様で良かったですね。

> 4つも手前の北府中だったのです。
えっ、東所沢駅って府中本町駅からたったの5駅(約17分)なの。
こんなに近かったとは。漠然と、もっと遠いと思っていました。

埼玉のことが何もわかっていませんでした。魔夜峰央さんの「翔んで埼玉」を読んで勉強しなければ... (^_-)
2016/06/05(日) 23:05:25 | URL | K2君 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック