FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2015年01月05日 (月) | 編集 |
仕事始めの本日の朝は、雲ひとつない快晴でした。
関東地方以外は結構荒れた天気のようなので申し訳ないくらいです。
学童たちの歓声や、ビジネスコートを羽織ったサラリーマンたちの姿に一年の本格的なスタートを感じました。

とは言うものの、今日はアニメーター仕事が戻ってこず、一日中、添削と教材作成に時間を費やしました。
年末にスタジオの大掃除が出来ていなかったので、エアコンのフィルターを掃除し、部屋の隅々まで掃除機をかけ、洗面所やレンジの内側まで磨きあげました。

結局、何だかんだで7時半まで仕事をして帰ったのですが、私以外の4人は端からいきなり忙しいようです。

私もそろそろ切羽詰まるくらいの仕事を取らないと(生活のために)ヤバイのです。
かと言って、やりたくない仕事はしたくない(わがまま?)し取りすぎて粗い仕事もしたくない(エライ?)と思っていた所に、「来週末から」と言う調度いいスケジュールで、内容的にもやってみたい仕事の依頼がきたのでOKしました。

今のアニメ業界は仕事が多いので、買い手市場で選べますが、いつまたアニメ業界の氷河期が来るかわかりません。
そうなったら元請けやグロス会社の社内アニメーターが優先されるので我々フリーのアニメーターは淘汰されてしまいます。
特に粗い仕事する人や締め切りを守らない人、進行さんを顎で使うような人から淘汰されていくことを肝に命じておかなければなりません。

人は今の状況が安泰であれば、それがずっと続くと思い込みたいものですが、世の中や自分を取り巻く状況は変化していくものです。
私自身、それをいやと言うほど味わってきました。

私の知人(同年代)で、自分が死ぬまでの綿密な計画を立てていて、もうお墓も買ってあるし、老後の為に株もやっている人がいて、それはそれで立派だと思うのですが、私は目の前のことに専心しながら楽天的に生きていきたいタイプなので、それはそれでいいと思っています。
もしかしたら不安要素が多いので考えないようにしているのかもしれませんが、「下手な考え休むに似たり」とも言うので、それもまた正解かもしれません。

富士山

計画を立てることも大切でしょうが、天変地異や事故とか大病とか、突然の不可避的な出来事が起こった時に、富士山の如く泰然自若とした自分を作り上げていくことが、何よりも大切だと私は思うのです。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック