FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2014年12月23日 (火) | 編集 |
年末年始を優雅に過ごしたいと思い、アニメーター仕事をセーブしていたら昨日の夕方、ついに手が空いてしまいました。

仕事は4本持っているのですが、そのうち3本がチェック待ち状態、1本は先方のチェックが遅れたためにスケジュールが厳しくなり2原動仕で中国撒きになってしまったからです(業界人にしか分からないことかな)。

手が空いたといっても学校関係の仕事はいくらでもあるのですが、アニメーター仕事が空いたのは現場復帰以来初めてのこと。

経験的にも仕事は5本以上持っていないと手が空く可能性はあると思っていましたが、それが今回見事に証明されました。

ということで今日は休みました。

カレンダー的には天皇誕生日なので、もともと休日なんですけどね。

丸1日空いたので、妻と、映画「宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟」を観てきました。

上映館が多くない為、新宿ピカデリーまで足を伸ばしました。

yamato 1

意外にも満員御礼状態。

古きヤマト世代の私にとっては、悲壮感が漂わず、古代進と森ユキとのいちゃいちゃもなく、波動砲が撃てないヤマト(ネタばれあしからず)には若干物足りなさがありましたが、迫力満点の見応えある映画でした。

特に3DCGの技術には驚かされます。

やっぱりメカは3DCGでやるのが正解ですね。

へたに描いてブヨブヨするより3Dならばリアルでカッコイイいいし、手描きのアニメーターはキャラクターに専念できますから。

ただ、手描きで、ものすごいメカアクションやエフェクトの技術を持っている人の活躍の場が少なくなってきているのは寂しい気もします。

私の場合は、「ここはCGでやりますから作画不要です」とか言われたら、「そうですかぁ」と残念そうな表情を浮かべながら、心の中では「やったー!」とか叫ぶ情けないアニメーターなんですけどね。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック