FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2014年10月10日 (金) | 編集 |
10月10日10時10分10秒
しかも曜日は金。

10101010.jpg

この瞬間をパチリしました。
「だから何だ」と言われてしまえばそれまで…。

しかし、10という満たされた数字がこれだけ並んだ瞬間に立ち会えたことに意味がないわけはありません。

それはともかく、10月10日は萌えの日だとか。
萌という字を分解すると十月十日になるからだそうです。

それで思い出したのですが、昨日から「SHIROBAKO」という深夜アニメが始まりました。
武蔵野アニメーションというアニメスタジオで制作進行として働く女の子が主人公のアニメ業界を赤裸々に描いたアニメです。

sirobako 2
ダビングまで2時間半

日々触れている業界の負の部分が、あまりにもリアルに描かれていて業界人としては「あるある」的に楽しめたし今後も要チェック番組の一つになったのですが、どうしても客観的には観れないので評価が難しいです。

実は、このアニメの中に「あの人は萌えアニメ描けるわけない」と陰口を叩かれるおじいちゃんアニメーターが登場します。
ここは笑うところなのですが、「そんな陰口を叩かれないように精進せねば…」とつい思ってしまった私がそこにいました。

ところで、このアニメのテロップでキャラクターデザインが関口可奈味であることを知りました。
彼女はY校時代の教え子です。
立派なアニメーターになったことを嬉しく思います。






スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック