FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2014年04月27日 (日) | 編集 |
小保方晴子さんが窮地に立たされています。

おぼかた⇔おばた
はるこ⇔きみはる

名前が酷似(それほどか?)しているので他人事には思えないのです。

問題になっている一件は専門的過ぎて、何が本当なのかは我々素人に分かるわけもなく、真偽の判断はできません。
しかし私には、彼女の涙と言葉に嘘は感じられないのです。

今回の一件がそうだとは言えませんが、スタップ細胞に限らず、世のため人のためになる画期的なものが出てくると困る勢力というものが必ずあります。
彼らはそれを阻止しようと必ず陰謀を巡らせてくるものです。

石油や原子力に変わる効率的で経済的なエネルギーしかり、癌の特効薬しかりなのです。 
ほとんど知られていないことですが、そのような夢のエネルギーや夢の特効薬は、実は発明されているにも関わらず、ことごとく巧妙な手口で葬り去られているのです。

癌産業という言葉があるほど、癌医療には莫大なお金が流れます。
イギリスで定期検診のレントゲンをやめただけで乳癌の発生率がどんどん減少したという事実すら、広まることが阻止されています。
癌産業にとっては、原発事故という大災害すら、放射能漏れが癌を誘発してくれるので大歓迎なのです。

他に、平和勢力が軍需産業にとっては邪魔だということは分かりやすい例ではないでしょうか。
彼らにとって平和な世の中は死活問題なのです。

ケネディ大統領の暗殺は個人の仕業とされていますが、余りにも不自然なことが多いため、アメリカ人の6割は、何らかの組織が関与していると思っています。
ケネディ大統領は国防予算を削って宇宙開発に回そうとしたからとも言われているし、紙幣の発行権を政府に取り戻そうとしたからとも言われています。

宇宙開発について言えば予算だけの問題ではありません。
宇宙から国境線のない青い地球の影像が送られてくると、人々が「地球は一つなんだ、争うことは虚しいことだ」という意識を持ってしまい、死の商人たちには都合の悪い流れが出来てしまいます。
ちなみに平和な世の中を志向した大統領はことごとく暗殺されています。

世の中にはエゴの為なら人の命など何とも思わない連中が実際にいるのです。
それがバカな奴等であれば個人的な犯罪に留まりますが、物凄く頭のいい奴等の場合、多くの人の死、最悪は地球の滅亡に繋がりかねないのでかなり厄介です。

スタップ細胞をなかったことにしようとしている裏の勢力があるのかどうか、今のところは分かりかねますが、世の中には新聞の大見出しだけでは分からない裏があることを知ってほしいのです。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック