FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2013年09月30日 (月) | 編集 |
初めてやる作品の打ち合わせに行きました。
担当箇所は先方にお任せだったのですが、なんとモブシーンでした。
大勢のエイリアンとヒロインが肉弾戦で戦う戦闘シーン。
頑張りまーす 。

今日、電車の中で隣に座っていたお爺さんと5,6才くらいの孫がしりとりをしていました。
お爺さんがやたらと最後に「ん」がつく言葉を言ってしまうのが面白かったのですが、「の」で始まる言葉の時にお爺さんが「のんきなとうさん」と言ったのには、心の中で大笑いしてしまいました。
最後が「ん」だっただけでなく、あまりにもレトロな言葉だったからです。

「のんきなとうさん」と言うのは大正時代の4コマ漫画で、後に映画にもなったのですが、それですら昭和20年代のこと。
孫がその出処をわかろうはずもなく、一般的な言葉として聞いたとしても、「のんき」という言葉は分からないかもしれません。

そう言えば最近、「のんき」なんて言葉は言わないし聞きもしません。
時代そのものが「のんき」でなくなって久しいからかも知れませんね。 
今日のお爺さんは、大変だったろうけれど、そんな中でも古きよきのんきな時代を生きてきたのだろうな。 
心の中に「のんき」を持って生きていきたいと思ったおばた先生でした。
チャンチャン。                                     
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック