FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2018年09月16日 (日) | 編集 |
ここのところあまりに忙しくて更新が滞っています。

「おばた先生のブログ」ファンの皆様(いるのか?)申し訳ありません。

先週の金曜日9月7日、夕方に仕事をあがり所沢に行き、一大イベントをしてきました。

次男夫婦とその子供二人(6才男児と4才女児)、私と妻と長男、総勢7人が揃っての初めてのおでかけ。

6才男児の竜輝(たつき)が来春、小学生になるので、ランドセルを買うと言うイベントだったのです。

当然、スポンサーは私。

8月に決行する予定だったのですが、私があまりにも忙し過ぎてこの日になってしまいました。

所沢駅前の西武デパートのランドセル売場にゾロゾロと行きました。

幸いお客は我々だけ。

事前知識が全くなくて、3万円くらいかなぁと思っていたらとんでもない!

4万から8万、一番高いものだと12万もしました。

20180907_170619.jpg

ここは覚悟を決めて、当の本人が気に入ったものを、と言うことで、結局6万のものを購入しました。

選択の途中、側面に恐竜のシルエットが描かれたものがあり、当人はえらく気に入ってしまったのですが、みんなで別のものに気を移させるのに一苦労しました。

就学前に気に入っても、今後6年間使うと言うことを考えるとちょっとまずいのではないか、と言うのが大人の気持ち。

子供と言う生き物は今の事しか考えないので、そこは大人がうまくフォローせねばなりません。

しかし今にして思えば、竜輝と言う名前に「竜」と言う文字が入っているので、恐竜も良かったかも、と思わないでもありません。

その後は皆でファミレスで食事(当然スポンサーは私)をして別れました。

20180907_201520.jpg

ハイテンションなちびたちとの楽しいひとときでした。

話題は代わってスタジオでのこと。

アニメーターの仕事中にアマゾンプライムビデオで色々ウォッチしているのですが、つい先頃「宇宙戦艦ヤマト2199」全25話を完視聴しました。

いやー、面白かったですねぇー。

ヤマトmain-spのコピー

旧作をなぞりながらも、先ずはハイクオリティーな作画と3Dで魅せてくれます。

更に設定に矛盾のない整合性と奥深さが加わり、毎回が劇場作品レベル。

最終回の一つ前で、なんと森雪が死んでしまったぁー!

古代進と一緒に号泣。

そんなんありかぁー、と思いきや、最終回でちゃっかり生き返ってくれて(オイオイ)良かったです。

時も時、東所沢駅前で一昨日、そのヤマトの作画をしていたアニメーターのM女史とばったり遭遇しました。

かつて私が所属していたスタジオの後輩で、明るくて可愛かったので当時はスタジオのマドンナでした。

彼女の結婚式にも参列しましたが、その後、離婚。

人生いろいろです。

その後は二人の男の子を女の細腕で育て上げた苦労人です。

今はワンピースの版権イラストを描きながら「宇宙戦艦ヤマト2202」の原画を描いているとのこと。

ヤマトは大変でお金にならないけど好きなので描いていると言うほどのヤマト好き。

2202もネットに降りてきたら観たいと思っています。

彼女は、最近、老眼と更年期で大変だと言ってましたが、老眼の方は私も同じ。

度数が徐々に上がっていて、細かい絵の時は普通の眼鏡の上にハズキルーペを掛けて描いている状況。

抗うことのできない年齢と、今後折り合いをつけながら仕事をしていくことになるんだろうなぁと思う、今日この頃です。

彼女とはそれぞれの息子の話などして別れました。

大変なことはいっぱいあります。

しかし、どんなに大変でも、16万8千光年彼方(旧作では14万8千光年)のイスカンダルにコスモリバース(旧作ではコスモクリーナー)を取りに行った宇宙戦艦ヤマトのクルーたちに比べれば、どうってことないのだから、がんばろうと思います。




スポンサーサイト