FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2018年05月25日 (金) | 編集 |
このブログを制作進行さんに見られたらヤバイのですが、今日は仕事を4時前にあがって「高畑勲さんを偲ぶ会」に行って来ました。

場所は杉並公会堂。

sugimanikoukaidou.jpg
開会45分前の会場。開会時には満員になりました。

荻窪駅で妻と待ち合わせ、会場で友人のT君と落ち合い、3人で並んで座り、5時から9時15分迄のステージを観て聴いて、高畑さんを偲んできました。

トークあり、記録映像あり、映像作品演奏あり、歌ありで、あっという間の4時前15分でした。

笑いあり、涙あり、気付きあり、で高畑さんの偉大さを再確認して参りました。

会場ではまるで引き合わせていただいたかのような懐かしい人達との再会もありました。

仕事の都合的には昨日でも明日でも絶対に行けなかったので、今日行けたことに深い意味を感じます。

私の妻は小学生の時に高畑勲監督の「太陽の王子ホルスの大冒険」を観てアニメーターになる決意をしたそうだし、私は高畑監督の「母をたずねて三千里」に感動したことがアニメーターを目指す大きなモチベーションになりました。

久しぶりに見せていただいた三千里の2話には涙を禁じえませんでした。

高畑さんと仕事で関わることはありませんでしたが(つーか関われる力はありませんし)常に心の師であり続けたお一人です。

帰りに3人で居酒屋に寄り、ジョッキを傾けながら、それぞれの高畑さんを偲び、語り、惜しみつつ別れました。

こう言う時は一首詠みます。

懐かしき 「母をたずねて三千里」 マルコの旅に 人生重ねし
スポンサーサイト



2018年05月14日 (月) | 編集 |
三日前から腰が痛みだし今に至っており、かなり辛い状況です。

朝、床から立ち上がるのに一苦労…。

しばらく座っていると立つときに激痛が…。

普通のアニメーターだったら安静に寝てるところかもしれませんが、私には授業やイベントがあるので這ってでも出て行かなければなりません。

それだけに気を付けてはいたのですが、ゴールデンウィークも全く休めない程の忙しさに、ついつい根を詰めてしまったようです。

5月30日から4泊5日での台湾への講演ツアーも控えています。

その為に膨大なる準備(原稿書いたりパワーポイント作ったり)をしなければなりません。

現在、アニメーターの仕事は5本抱えており締め切りの波は次から次へと押し寄せてきます。

状況が状況なだけに、今月はもう新しい仕事は絶対に取らないと決めています。

そう思っていても、今まで何度も泣き落とされて「じゃあ少しなら…」という結果になることが多かったのですが今回は心を鬼にしてお断りしようと決めています。

台湾ツアーはもうチケットの手配もしているし6つの講演(全て内容が違う)の日時も決まっていて告知もされているので、行けませんとか出来ませんとか言える訳もないのです。

とにかく「台湾ツアーが終わる迄は死ねない」くらいのレベルなので一刻も早く腰を治して万全の態勢を取らねばなりません。
夕方に職場近くの整骨院に行きました。

患部周辺のマッサージと、保険外の強力な電気治療をして貰い最後に湿布をペタッとな。

明日の夕方にも予約を入れてきました。

整骨院からスタジオに戻る途中、マテ茶を買いました。

20180514_185441.jpg

糖分を控える為にスティックコーヒーをやめたので、その代りです。

この機会に色々調べて健康茶マニアになろうかと目論んでいます。

帰宅時、人身事故のため20分ほど足止めをくらいました。

こう言う時はポリアンナを見習って「良かった探し」をするに限りますね。

ポリアンナ

歩けない程の腰痛じゃなくて本当に良かった。

ツアーの直前じゃなくて良かった。

人身事故の当事者でなくて良かった。

足止めが20分程度で良かった。

それ以外の問題を抱えてなくて良かった。

ありがたや、ありがたや。




2018年05月11日 (金) | 編集 |
先日、吉祥寺で紛失した定期券を入れていた名刺入れが届いていると武蔵野警察署から連絡が入ったのが三日前。

今朝、出勤途中に三鷹駅で下車して武蔵野警察署に取りに行きました。

20180511_091107.jpg

非常用基金として入れておいた千円札も含めて無事に戻ってきました。

20180511_100009.jpg

受け取りに身分を証明するものが必要だったので自動車の免許証を出したのですが、なんと、この期に及んで有効期限が一ヶ月以上過ぎていることが判明!

4年くらい前に車を手放して以来、全く運転をしていなかったので、うっかりしていました。

一ヶ月以内ならば普通に更新できたのにわずか二日オーバー!

但し6ヶ月以内ならば何とかなるそうなので対処しようとは思うのですが、ちょっと待てよとも思うのです。

今の生活に自動車は不要だと判断して手放した訳で、今後も乗るつもりもないのだから、もう失効させてもいいようにも思うのです。

しかし万が一のこともあるし、せっかく取った免許を失うのも忍びないし…。

これって執着なのかなぁ。

ならば断捨離すべきか?

うーん、迷う所です。

早々に結論を出さねばなりません。



2018年05月07日 (月) | 編集 |
連休中に奥さんの実家(青森県)に帰っていたアンプス講師であり売れっ子アニメーターであるK君がお土産としてフリーズドライのリンゴを持って来てくれました。

カラカラなのに口に入れるとまさに芳醇なリンゴの味がじわーっと広がってとても美味なる一品でした。

20180507_130805.jpg

種類も豊富で、酸味や甘味が楽しめました。

フリーズドライの開発者にはノーベル賞を贈るべきだと思います!

小学生の頃、風邪などで学校を休むと母親がよく「すりりんご」を作ってくれたことをふと思い出しました。

時にはヨーグルトが出てくることもあり嬉しかったものです。

学校に行かなくてもいいことも含めて病気になるのもいいものだと思っていた訳で、まるでちびまる子レベルの子供であったことは認めざるをえません。

img_0[1]

そんなちびまる子も長じて立派な漫画家になり、私は立派かどうかは分かりませんがアニメーターとして、講師として何とかやっていけるようになったことは、ひとえに「お陰さまで」と言うしかなく感謝しています。
2018年05月03日 (木) | 編集 |
ゴールデンウイークは一日も休めそうもないのですが、今日は5時半に上がって吉祥寺に行きました。

吉祥寺の空は不思議なピンク色に染まっていて、まるで奇跡が起こる予兆のようでした。

20180503_183013.jpg

そしてその予感は現実となったのです(あとのお楽しみ)。

妻と6時に待ち合わせをして、まずは「近江屋」さんという喫茶店に直行しました。

以前から喫茶店フリークの妻が私を連れて行きたいと言っていた喫茶店なのです。

妻はコーヒーとケーキ、私はクリームソーダを頂きました。

見よ、このボリュームたっぷりのアイスクリームを!

20180503_180717.jpg

しかもソーダは高炭酸。

このダブルタッグのもとには、最早クリームソーダの定番であるサクランボすら不要なのである。

ふと窓の外を見ると三機のUFOが飛来していました。

20180503_182236.jpg

すわ奇跡かと思いきや、窓に映った喫茶店の照明でした。

その後、本来の目的である「森康二原画展」を見に行きました。

森康二さんと言うのは、既に故人ですが、東映動画の礎を築いた神様のようなベテランアニメーターです。

会場は「一日」と言う、変な名前の小さな古書店。

近づくと何やら騒がしく、入ってみると、なんと今日から始まる原画展のオープニングのセレモニーの最中でした。

主催者であるアニドウの並木さんとは若いころからの知己であり暖かく迎えてくれました。

会場には何と、私がアニメーターになるきっかけとなった作品でもある「母をたずねて三千里」のキャラクターデザイナーであり作画監督の小田部洋一さんがいらっしゃったので並木さんに引き合わせて頂きました。

親しくお話をさせて頂いた上に、一緒に写真に写って下さったり、握手をして下さったり感謝感激でした。

20180503_185720.jpg

実はここに来るのは明日にしようとも考えていたので、もしそうしていたらお会いできなかったわけで、奇跡的な邂逅だったといえるでしょう。

会場では森康二さんのグッズも販売していたのでクリアファイルと一筆箋とピンズを購入してきました。

20180504_000712.jpg

その後は吉ブラをし、最終的には「野方ホープ」と言うラーメン屋さんでラーメンと餃子を食べて帰りました。

久しぶりのラーメンはとても美味しかったです。

20180503_204541.jpg

いいことずくめの吉祥寺でしたが、いざ改札に入ろうと言う段になって定期券がないことに気付きました。

全てのポケット、カバンの中を徹底的に探すも見つからず、再発行手続きをするという事態に…。

受け取れるのは明日以降で、手続き料は千百円かかりますが、定期の残り分やチャージ金額はそのまま戻ってくると言うので、まあ良しとしましょう。

と言うことで、最後の最後にケチがついてしまいましたが、それもまた勉強だったわけで、トータルすれば、とてもいい夕べとなりました。