FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2018年04月16日 (月) | 編集 |
昨夜、仕事帰りに府中の映画館で妻と「ジュマンジ/ウェルカムトゥジャングル」を観てきました。

ボードゲームの世界に入り込んでしまう1作目も相当に面白かったけれど、テレビゲームの世界に入り込んでしまう今作も負けず劣らずの傑作でした。

ジュマンジ4ac423e7733ac4c5

自分自身や仲間との関係性を見直すことがこの映画のテーマだと思うので、特に若い人達には観て欲しいと思います。

卑屈だった自分、横暴だった自分、自分本位だった自分、全てに否定的だった自分、勇気のなかった自分、そんな自分を見詰め直し、自分の長所を最大限に活かして一つ上のステージに上がっていくという、教訓に満ちたドラマでした。

ラストシーンでは思わず涙、涙…。


そして本日。

新年度のアニメ専科の授業開始日でした。

新一年生の授業も行ってきましたが、さっそく色々と問題が勃発。

ジュマンジの主人公たちに恥じぬよう、問題を真正面から受け止めて皆が前向きになるように必死で対処していこうと思います。

ただのアニメーターだったらどんなにか気楽だろうと思うことはしばしば。

しかし私は講師であることを通してしか学べない課題を持って生まれてきた自分と言うものを自覚しているので完爾として受け止めてるのみ。

世の中は全て正と負のエネルギーのせめぎあいです。

「全てのことは100%自己責任」と決めた私のポリシーに照らし合わせれば、私のエネルギーが弱まればクラスも(学校も)勢いを失って暗く居心地の悪い空間になってしまうことになるので、心していかねばなりません。



スポンサーサイト