FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2018年04月12日 (木) | 編集 |
昨日4月11日(水)はアンプス新入生のオリエンテーション日でした。

アニメ専科に入学してきた学生たちの面々は、個性豊かで年齢幅もかなり広くてユニークなクラスになりそう。

終了後は全科揃っての懇親会。


デッサン講師のマノジュ・マントリー先生(インド人)が作るアンプス名物、通称「マノカレー」がふるまわれました。

20180411_131932.jpg

ビールも出たので昼間からほろ酔い気分。

夕方からは、カッティングの仕事で練馬の「森田編集室」さんに向かい、無事に仕事を終えたあとは、そのまま帰宅しました。

帰宅したのはいつもより3時間も早い8時。

日中は全くアニメーター仕事ができなかったので自宅で1時間半ほど仕事をしました。

こうして私の一日は終わったのであった。

ここで新入生に贈る歌を一首詠みたいと思います。

新入生 険しき旅への 出発だ 若さに恥じない 夢を求めて

実は、後半の言葉は39年前に公開された「劇場版エースをねらえ!」の主題歌「まぶしい季節に」からの引用です。

acewonerae.jpg

「若さに恥じない夢を求めて」という表現、すごいと思いませんか。

極めて昭和時代的な表現だと思いますが、私はとても気に入ってます。

つまり、夢を求めることこそが若さであり、青春の特権だということなのでしょう。

自分自身、若さに恥じない青春時代を過ごしてきたかは甚だ疑問ですが、生涯青春の気概を持って、それに恥じぬように生きていきたいと思っています。

そして今日。

前半は浅草橋の日本語学校に海外担当のS氏と赴き、中国人の青年たちにアンプスの宣伝活動を行ってきました。

yiea-tokyo-academy-nhat-ban[1]

授業内容の一端をホワイトボードで実演して見せて来たのですが、終了後にイラスト付きのサインを求められるという若干予想していた展開に…。

二人だけ対応したところで、時間の都合もあって、あとの人たちの紙やらノートやらを預かることに…。

終了後、浅草橋駅前の「餃子の王将」でSさんと昼食を食べました。

2075_1[1]

餃子の王将なんて何年ぶりだろう!

やっぱ焼き餃子は美味しいわ!

それからはスタジオに戻って9時半までアニメ仕事をしてきました。

途中、添削を求めてきた学生とチェックを求めてきた後輩に対応。

普通のアニメーターのように一日中机に向かっていることもあれば、昨日や今日のようにアクティブに活動することもある日々なのです。




スポンサーサイト