FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2018年01月31日 (水) | 編集 |
1月31日(水曜日)

今日はイベントのための準備日。

昨夜は早目に就寝したので今朝は4時40分に目覚めました。

シャワーを浴びたのですが、温度調節がどうすればいいのか分からず、かなり暑いお湯を我慢しながら浴びることになってしまいました。

私達が泊まっているホテルにはレストランがない為(実はフロントもない)、提携している隣のホテルのレストランで朝食を頂くと言うシステムでした。

20180131_081105.jpg

隣も隣で、お洒落ではあるのですが料理の品数がかなり少ないかなぁという感じ。

20180131_081129.jpg

昨夜食べ過ぎて、若干胃がもたれていたので、お粥を中心に軽く済ませてコーヒーを飲んできました。

20180131_081354.jpg


そして、さあ活動を開始すべく三人でホテルを出て近くの駅に向かいました。

昔ながらの古い建物の向こうに近代的なSOGOデパートが見えます。

20180131_090503.jpg

地下鉄に乗ってイベント会場である南港展覧館に行きました。

20180131_093415.jpg

まだ設営業者さん達がブースを仕上げている段階だったのでしばらく待たされました。

20180131_094605.jpg

イベント名は「国際動漫節」、つまり「国際アニメマンガフェア」と言うこと。

国際といってもほとんど全てが日本の作品を扱っており、フランスのジャパンエキスポのような感じ。

お昼ご飯は館内のレストランでこんなものを食べました。

20180131_132203.jpg

午後からは、会場全体が明日からの開催に向けて着々と出来上がっていきました。

20180131_094518.jpg

20180131_094416.jpg

5時まで頑張って一旦ホテル日航熊本に帰着。

クタクタに疲れた体を少し休ませて、ホテルで出来る準備をしたあと夕食を食べに三人で外に出ました。

20180131_194722.jpg

雨が降っていたのでホテルの近くで済まそうと言うことになりウロウロしたのですが、餃子を食べたいと言うIくんの要望を組んで「王記非常麵」と言う、非常に美味しいかもしれなさそうなお店に入りました。

20180131_194841.jpg

昨夜とは打って変わって超庶民的なお店です。

20180131_200008.jpg

みんなで二種類の餃子をつまみながら各自が選んだ麺料理を美味しく頂いてきました。

20180131_200851.jpg

私が食べたのは、何とかかんとか牛肉麺(正式名称は忘れた)。

勿論、台湾ビールも忘れていません。

そんな店内を看板犬が終始ウロウロしていました。

20180131_204831.jpg

ちょっとかまってあげたら撫でろ撫でろと言わんばかりに座り込んでしまいました。

20180131_205802.jpg

イヌ年の一月ににイヌ年生まれの私が台湾の犬と交流が持てて良かったです。

20180131_204838.jpg

食後にも、プライベートなことやら今後の仕事のことなどを色々語り合って、お店をあとにしました。

いよいよ明日から本番が始まるので頑張るワン!





スポンサーサイト
2018年01月30日 (火) | 編集 |
1月30日(火曜日)

台湾出張の記録をいっぺんに記すのは前回大変だったので、今回は現地でこまめに記すことにします。

今回の台湾出張の目的は台湾のアニメイベントに参戦してアンプスの宣伝(夏の短期留学コース)をしてくることなのです。

朝四時にがんばって起床して成田空港へ出発。

7時過ぎに仲間二人と空港で落ち合って、いざ旅の始まり始まりー。

20180130_081039.jpg

Akihabaraというショップで台湾の人たちへのお土産を買って飛行機(キャセーパシフィック)に搭乗。

中国の航空会社なので基本が中国語。

機内食は中華と洋食でしたが、洋食を選択し、飲み物は朝っぱらから気付け薬という言い訳でビールを頂きました。

20180130_110248.jpg

少し中国語を勉強してきたので、ここでチャレンジ。

「チンゲイウォーピージョウ(ビールをください)」が通じて良かったです。

この二人、IくんとSさんが今回の旅の愉快な仲間達です。

20180130_110314.jpg

中国語ペラペラのSさんが頼りです。

台湾と日本の時差は一時間。

日本が二時の時に台湾は一時です。

と言うことで現地時間の一時過ぎに台北桃園空港に到着しました。

そこからバスでホテルに向かいました。
20180130_143527.jpg

台北はあいにくの雨でした。

20180130_152824.jpg

我々が滞在する一週間、ずっと降り続くみたいです。

台南の方はずっと晴れるらしいのですが…。

ホテル少し休んだあと、前回私が講演をした大学の教授お二方のご招待を受けて、中華料理店にタクシーで赴きました。

20180130_192725.jpg

とても素敵なお店で、美味しい中華料理を堪能させて頂きました。

中でも圧巻だったのは北京ダック(ベイジンカオヤ)。

最初に丸焼きの状態で出てきました。

20180130_174139.jpg

おー、あひるさんだーっ!

それを切って頂き、お店のおばさんが包み方を実演してくれました。

20180130_174703.jpg

楽しくお話をして、お腹一杯いただいて、台湾ビールと紹興酒ですっかり心地よくなってホテルに戻りました。

途中でタピオカミルクティーを購入。

20180130_200432.jpg

今日は移動日でしたがテンションが上がったので、明日から頑張ってミッションを遂行したいと思います。




2018年01月29日 (月) | 編集 |
明日から七泊八日で台湾へ行ってきます。

もちろん仕事です。

三日前に腰を痛めて布団から起き上がるのもやっとの状態になった時はどうしようかと思いましたが、整骨院で治療してもらって劇的に治ったので、まずは一安心。

アニメーター仕事の追い込みや調整、台湾で行うデモンストレーションの準備などがバタバタなまま出発前夜になってしまいました。

2月6日に無事に帰国して、台湾凱旋奮闘記を記したいと思います。

台湾で使うために、こんなイラストを描きました。

20180129_195557.jpg


では、行ってきまーす!



2018年01月22日 (月) | 編集 |
最近は通勤電車の中でスマホばかりいじっていましたが、なんか心が荒(すさ)むようなので三日前から小説を読んでいます。

大好きな作家、朱川湊人による「あした咲く蕾」という短編集です。

img_61e11cd3156a0d3f3f1c8ab6501b741e288466.jpg

昭和の東京下町を舞台に紡ぐ「赦し」と「再生」の七つの物語です。

なんかいい本がないかなあと思っている人には、絶対おすすめの一冊です。
本日読了しましたが、一つ読み終わるたびに感動の涙が止めどなく流れて困りました。

ただし、涙とともに自分の中の汚いものが洗い流されていくようで爽快です。

まさに心が浄化されていくような気がします。

そんな折、今日首都圏に大雪が降り、一面の銀世界になりました。

20180122_180728.jpg
中野駅前

雪国の人には申し訳ありませんが、首都圏に雪が降るのはひと冬に二、三回のことなのでまさにイベントでワクワクします。

町が雪に覆われていく様は、真っ白に浄化されていくイメージです。

小説と雪が、図らずも浄化というメッセージを私に運んできてくれました。

このメッセージをしっかりと受け止めて、明日からはピュアな心で、優しく親切に、徳を積んでいけるような言動を心掛けていきたいと思います。




2018年01月17日 (水) | 編集 |
以前から欲しかった振動エクササイズマシン。

しかし、かなり高価な物なので二の足を踏んでいました。

ところが、通販番組のQVCで「本日限りの最安値 60%OFF」と言うのを見てしまったのです。

ふと気付いた時には、すでに買ってしまっていました。

これまでにいくつもの健康器具を買っては、その度に後悔してきたことは認めます。

今度こそはと思うものの、100%の確信があるわけでもありません。

が、買ってしまったものはしょうがありませんよね。

と言うことで、昨日届きました。

ジャーン!

20180116_224607.jpg

20180116_224619.jpg

乗るだけ簡単、振動エクササイズマシン! リズムウェーブ

さっそく乗ってみました。

おおーっ、ブルブルと全身に振動が伝わっていく。

細胞が活性化して脂肪が溶けていく(ただの願望)

私の体が再構築されていく(根拠なし)

と言うことで、昨夜から私のぶるぶるライフが始まりました。

一ヶ月後に成果をご報告したいと思っています。




2018年01月14日 (日) | 編集 |
1月5日から仕事が始まり一週間以上が過ぎました。

早くも怒濤の日々が続いています。

今後ネックとなるのが1月31日から1週間、台湾への出張があること(ampsの仕事)

その間に仕事のピークとか締め切りがあると支障が出るので、各社様とは相談して調整しながら仕事を取っています。

学校業務を抱えているアニメーターが1週間日本を離れると言うことがいかに困難な事かを痛感しています。


そんな折り、昨夜は座間高校時代の友人の集まり(新年会)があったので神奈川県の大和に行って来ました。

お店は名門「北京飯店」で、円卓を囲んでの新年会になりました。

20180113_205836.jpg
北京飯店と愉快な仲間たち

毎年行っている定例会ですが、今年は特別なのです。

何故かと言うと、我々は今年度が定年退職の歳だから。

10人のメンバー(今回2名欠席)の中で私と自営業の二人以外はサラリーマンなのでまさに定年退職。

殆どが嘱託で残るようですがお給料はかなり減ってしまうらしい。

私も前の職場にしがみついていたらもうすぐ定年退職だったわけで、辞めて良かったと胸を撫で下ろしています。

仮に悠々自適に過ごせる余裕があったとしても仕事はやめたくありません。

まだまだ仕事は続けたいし、続けなければならない状況でもあります。

労働は生きてる証(あかし)だ!

と言うことで、新年会の話題は、今後の身の振り方から巨乳だった先生のことまで幅広く及んで楽しい夕べとなりました。

毎年幹事の労を執ってくれてるT君、ありがとう。


そして今日、日曜日ですが多忙のため出勤。

個人ゼミ生のI氏が神田明神に初詣に行って来たそうで、その時のお土産と言うことでラブライブのお饅頭を頂きました。

20180114_121731.jpg
神田祭り×ラブライブのかすてらまんじゅう

神田明神はラブライブの聖地だそうです。

ちなみにと言うか勿論、I氏はラブライバー(ラブライブのファンのこと)なのです。

スタジオの皆で美味しく頂きました。

ありがとうございます!

 
今日は、中国のセレブの人に日本の文化を体験してもらうと言う仕事をしている旅行会社の女社長さんがアンプス来ました。

打ち合わせをしたあと学校をご案内しました。

ものすごくパワフルな生き方に驚くと共に見習わねばと思いました。

今後、いい関係が結べたら、と思います。


今年は日々ドラマティックに、そしていい出会いを重ねていく一年にしていきたいと思っています。



2018年01月03日 (水) | 編集 |
今年の年賀状を公開します。

じゃーん!

2018年賀状222

と言うことで、元ネタは宝塚の「はいからさんが通る」です。

年賀状をお出しできなかった皆様、これでお許し頂きたく存じます。

そして、今年もよろしくお願い申し上げます。



私は毎年、その年のテーマを決めて一年のスタートを切るようにしています。

一昨年は「純に生きる」、昨年は「視点を変えて観る」でした。

そして今年は「すべてに感謝」を年間テーマにすることにしました。

決め手というかきっかけは「感謝で思考は現実になる」という本を読んで感動したからであり、それを実行して実験証明したいと思ったからです。

そんな折も折、突如として試練が襲ってきました。

昨日2日、自宅で仕事中に急に左の腰が痛み始め、寝たきり状態になってしまったのです。

激痛に耐えながら、何で正月早々こんな目に…と思ってしまいましたが、さっそく試されているのだと思い直した所が私の偉い所。

人生で起こるすべてのことに「ありがとう」と言えるかどうか。

腰に激痛が走っているということは、事実としてのニュートラルな状態であって、それが良いことか悪いことかは主観の問題です。

痛みがない方がいいに決まっていると言う前に、すでに起こってしまっているこの痛みをどう捉えるかがまさに試練。

布団の中ではストレッチと休息をひたすら繰り返しました。

深夜4時頃、トイレに行った時は這っていくような状態でしたが、今朝起きたときには少しだけ痛みが引いていたので、上記の本を読み直しつつ更にストレッチと休息をただひたすら繰り返していたら夕方にはだいぶ痛みが引いてきました。

夕方から、録っておいた映画「イミテーションゲーム」をソファに横になりながら鑑賞。

戦時中にドイツ(ナチス)の暗号を解読する機械を作ったイギリスの天才数学者の実話の物語でしたが、めっちゃ面白かったです。

図らずも今夜、夕食を食べながら観た番組が「あの消えた天才は今」というような番組でした。

登場人物は、栄光を直前にして病にすべてを奪われてしまった人達です。

しかし今は、それがあったからこそ失ったものより得たものの方が大きかったと語り、別の道で再起している姿に感動をしました。

なんと、絶望的な病になってしまったことに感謝しているのです。

つらつらと思うに、このタイミングで腰痛が発症したことには意味があったとしか思えません。

と言うことで、腰痛に感謝したことは以下の通り。

① 休み中のことで本当に良かった。ありがとうございます。

➁ 休暇中くらい休めというメッセージなのだから、いやがうえにも休息できて良かった。ありがとうございます。

③ 年頭にストレッチしまくって体をほぐせて良かった。ありがとうございます。

④ 素晴らしい映画やテレビ番組に出会えて良かった。ありがとうございます。

⑤ 腰に気を付けろという教訓を年頭に得られて良かった。ありがとうございます。

⑥ 感謝と言うテーマを貫けるかどうかの試練を与えてもらって良かった。ありがとうございます。

⑦ 腰という字は肉付きへんに要(かなめ)と書く。人としての要は稲盛和夫氏によれば(1)誰にも負けない努力をする (2)謙虚にして驕らず (3)反省ある日々を送る (4)生きている事に感謝する (5)善行、利他行を積む (6)感性的な悩みはしない …と言うことなので、これらをもう一度確認出来て良かった。ありがとうございます。

とりあえず感謝の7連発。

お陰様で、今現在(21:55)はもう腰はほぼ全快状態です。

腰痛に感謝して、そこからのメッセージや学びを汲み取ったが故に、腰痛という現象が必要なくなったからなのだと思います。

今日よりは、すべてに感謝をしていく日々を積み重ねていくとともに、人から感謝して頂けるような言動を心掛けていきたいと決意を新たにしました。

腰痛さん、ありがとうございました!




2018年01月01日 (月) | 編集 |
2018年、明けましておめでとうございます。

12月29日から冬休みに突入しました。

とは言え、持ち帰った仕事はたっぷりあります。

冬休みに入ってから今日までの4日間を振り返ります。

29日
せっかくの休みなので、たっぷり寝ようと思いきや、普段の癖で7時には目が覚めてしまい午前中はめいっぱい仕事をしました。

午後から年賀状のあて名書きをして投函。

妻と近所のスーパー等に買い物に行き、夕方から録画していた映画を観ました。

妻が絶対面白いから観てと言い続けていた「ジュマンジ」という映画だったのですが、やっと観ることができました。

言うだけあって、めっちゃ面白いファンタジー映画でした。

お酒を飲みながら観たのでそのあと2時間くらいソファで寝てしまいました。

これもまた休日のだいご味。

手帳で調べてみたのですが2017年は、お正月休み以外では4日しか休めなかった一年でした。

それでもやってこられたのは、やりがいのある仕事だったからとしか言いようがありません。

30日
この日も午前中は仕事をして、午後から妻と二子摩川に行きました。

駅前の高島屋で働いている長男の勇姿(?)を遠目から確認したあとウインドウショッピングを楽しみました。

高島屋のマスコットキャラクター、ローズちゃんです。

高島屋キャラ

高島屋の空中庭園は妻絶賛の素敵な所でした。

高島屋空中庭園


ニコタマにはユニークなお店が沢山あるので、とても楽しめる街です。

中でもTSUTAYAと家電ショップが合体した蔦屋家電は、テーマ別のエリアで本と雑貨や家電がコラボしており、店内の本を買わなくてもゆっくり読めるコーヒーショップもあって、一日いても全く飽きないミュージアムのようなお店なのです。

蔦屋家電

その後は近くで開催されていた絶滅危惧種の写真&映像展を興味深く見せていただきました。

外に出ると、夜のとばりがすっかり降りており、いつしかおなかがペコペコになっていたので駅ビルのレストラン街にある韓美膳という韓国料理のお店で夕食を頂いて帰りました。

私は牛カルビのセットと韓国ビールを頂きました。

牛カルビセット

妻はサムギョプサルのセットとサワーでした。

サムギョプサルセット

とても美味しくておなか一杯になりました。

31日
大みそかもやはり午前から午後にかけては仕事に専念し夕方少し妻と買い物に行き、夜はゆっくり入浴したあと、紅白歌合戦を見ながら妻と息子(長男)と3人で年越しそばをいただきました。

無事にこの時を迎えられたことには、ただ感謝しかありません。

紅白では特別出演した安室奈美恵ちゃんの歌う姿に感動してしまいました。

あむろ2

引退を間近にした彼女の激動の半生が歌声やその姿から伝わってきたからでしょう。

紅白の後、ジャニーズでカウントダウンして2018年を迎え床に就きました。

元旦
雲一つない快晴の元旦でした。

11時から3時ころまで次男夫婦と孫二人が来てくれてハチャメチャの大騒ぎでしたが、かわいい孫たちに癒されました。

たつみつゲーム

その後、年賀状の返事を書いて投函。

さらに録り貯めてあった映像を、おせちを頂きながら見まくりました。

と言うことで、元旦は全く仕事をせずに終了。

まさに平和な年越しでした。

休みが明ければ激動の日々がまた始まることは目に見えていますが、今年は安穏(あんのん)なる境地で生き切りたいと思っています。

私の言う安穏とは、何も問題のない無難な状態のことではなく、何があっても富士の如く微動だにしない内面の境地のことです。

平成時代はいよいよ来年の4月で終わることになりました。

激動の昭和時代に対して、平成時代は「失われた20年」と言われるように停滞の時代だったように思われます。

携帯やPCが世の中を大きく変えはしましたが、人が人の目を見ずモニターばかりを見続ける異様な世界になってしまったことも事実。

このままで良い訳がありません。

個人としても社会としても、変革を迫られている大事な時なのだと思います。