FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2017年12月13日 (水) | 編集 |
今日は午後の授業を終えてから練馬駅の近くにある森田編集さんに向かいました。

私が絵コンテ、演出、作画を担当した幼児向け作品のカッティングの為です。

カッティングと言うのは映像の尺(長さ)をフォーマット(決められた長さ)に整える作業のこと。

6時からの予定でしたが、前の人が押していたため1時間ほど待たされてしまいました。

カッティングは監督主導で1時間ほどで無事に終了。

監督のN氏は、東映動画アニメーター養成講座の時のクラスメートで、この仕事は彼からの声がけでやらせて貰えることになったもの。

縁と言うものの大切さを感じます。

なるほど、カッティングと言うのはこう言う感じで行うものなのか。

実は、私にとって初めてのカッティングでした。

ちなみに編集担当のSさんは、スタジオカーペンター時代の同期AYさんのご主人であり、これもまたご縁と言うものか。

あっという間にカットごとの時間調整をしていくベテラン編集マンの神業には驚かされました。

スタジオカーペンターはこの編集スタジオと同じく練馬にあったので、練馬は私にとって20代を過ごした思い出の街なのです。

私と妻が交際するきっかけとなった練馬駅前の喫茶店「アンデス」は今も健在です。

20171213_174406.jpg

いつかまた、妻と一緒に思い出の席に座って、思い出のメロンソーダを飲んでみたいものです。

今日は学生から「愛媛の実家から送られてきたのでお裾分けです」と言うことで「紅まどんな」という蜜柑を三つ頂きました。

20171214_080615.jpg

希少で美味(まるでゼリーのよう)なので評判の蜜柑だそうです。

美味しく頂きました。

個人的にも我が家的にも最近、頂き物がたて続いており、ただただ贈って下さる方々の真心に感謝あるのみです。



スポンサーサイト