現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2017年08月01日 (火) | 編集 |
中野から職場迄の通勤路である中野サンモール(巨大アーケード)内に本日、ローソンがオープンしました。

20170801_214040.jpg

今まで通勤路にコンビニがなかったのでちょっと助かるかも(スタジオの公共料金の振り込みとか)

ところで、ローソンができる前、そこに何があったかが思い出せません。

かつてあった店舗になんか申し訳ない気持ちです。

こうして世の中は変化していくのでしょうね。

私がこれまでに勤めてきた会社は今の職場を除けば五つです。

そのうち二つはもうありません。

さらにもう二つはオーナーが変わっています。

今の職場を最後の職場にしたいと思っていますが、こればかりは天のみぞ知ることでしょう。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と言いますが変わらないものはありません。

変わると言うことを大きな目で見れば全て(死ですら)が生成発展の一過程だと思います。

しかし、人は変化を恐れるものです。

たとえストレスに満ちた毎日だったとしても、未知の世界に飛び込むよりはましだと判断して、そんな現状(ブラック企業やDV夫)にしがみつくのです。

未知の世界に飛び込めず、線路に飛び込んでしまう人が絶えないことを私は憂います。

そこで一首。

偉そうに 変化を語る 我に言う 何とかしろよ 中年腹を


スポンサーサイト