FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2016年10月02日 (日) | 編集 |
今日、千葉の実家に妻を伴って行ってきました。

実家には母と兄夫婦、その子供の甥っ子二人が暮らしています。

その面々と顔を合わせたのは、なんと7年ぶりくらい。
私はなんと親不孝な息子であろうか。

うちの子供が小さかった頃は毎年正月に泊りがけで行ってはお節料理を頂いていました。

今日は母や兄とゆっくり語り合い、それぞれ大学と高校に進学した甥っ子たちに進学祝を渡し、4時間ほど滞在して帰ってきました。

久しぶりに会った母(83歳)は一回り小さくなりパワーダウンしていました。

老いるということをしみじみと考えさせられました。

母の老い、そして自分自身にもひたひたと迫り来る老いというものにどう対処していくべきか、これは先手先手を打っていくべき先送りのできない問題だと思っています。

健康に留意することはもちろんですが、心は断じて老いさせぬという気概で、元気はつらつと日々を過ごしていきたいと思います。

tiba.jpg
妻、甥(高校1年)、母、私、甥(大学1年)



スポンサーサイト