FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2016年09月13日 (火) | 編集 |
今日は朝から夜まで雨がさめざめと降り続いていました。

9月は6月の次に雨日の多い月だそうで、自然界にとって、きっと意味があるのでしょう。

ふと脳裏に浮かんだのは、太田裕美の「九月の雨」と言う歌。

私が19才の頃の流行り歌です。

それは、アニメ仕上げの会社に勤め始めた頃で、仕事場でかけられていたラジオから良く流れていた歌です。

同じ頃、イルカの「なごり雪」もヒットしていたのか頻繁に流れていました。

共に別れの歌ですが、それぞれ歌詞も曲も秀逸で心に染み入る名曲だと思います。

歌を聴くとその頃の思い出までもが甦ってきます。

不安や怖れよりも夢と希望が勝っていた頃で、3畳一間のアパートでラーメンをすすっていた頃の話です。

「九月の雨」には、「セプテンバーレイン、九月の雨は冷たくて、セプテンバーレイン、九月の雨は優しくて」というフレーズがあります。

同じ雨でも心境の違いで冷たく感じられることもあれば、優しく感じられることもあるということでしょう。

この世はすべて自分次第なのだ。

 「九月の雨」←クリック

img_0.jpeg




スポンサーサイト