FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2016年07月04日 (月) | 編集 |
今日は夜の7時半から武蔵関の会社で作画打ち合わせがありました。

キューキューと鳴く海洋生物が主人公のアニメです。

単純な絵柄ですが、40カット以上も受けてしまったのでこれからが大変です。

打ち合わせに2時間かかってしまったので終わったのが9時半。

そのまま直帰すべく、西武新宿線で所沢駅へ行き、池袋線に乗り換えて秋津駅で下車。
いつもならば、そこから5分ほど歩いて武蔵野線の新秋津駅に向かうのですが、今日はその前に秋津駅前の「蒙古タンメン中本」で蒙古タンメンを頂いてきました。

この経路で帰るのは武蔵関の会社で打ち合わせをしたときだけなので、一ヶ月に一回あるかないかくらいなのです。

行列の出来る店だったので一度は入ってみたいと前からずっと思っていました。

妻には朝のうちにその予定を伝えていたので問題はありません。

中本

食べてみての感想は、まあまあいいんじゃないかなといった感じ。

十分に水準以上だとは思うのですが、私には辛い系の麺に対する思い入れと言うか、強烈な思い出があるので、軽々に合格点は出せないのです。

10年以上前に札幌で食べた坦々麺があまりにも美味しく、デザートに杏仁豆腐を頂いたときの幸福感がいまだに忘れられないのです。

その後、外食と言えば坦々麺を食すようになったのですが、ただ辛くてひーひー言うだけのことが多く、たまに美味しいと思ってもあの日の味には遠く及ばず、今に至っているのです。

とは言え、この歳になると、何を食べたかではなく、誰と食べたかの方に重きが置かれるようになってはいるのですが‥‥。
スポンサーサイト