FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2016年03月05日 (土) | 編集 |
昨夜の世界卓球、女子の準決勝、日本対北朝鮮戦は、観戦後に精魂尽き果てるほどの壮絶な死闘だった。

私は自分が卓球をやっていたので、世界卓球は毎回どうしても見てしまう。

私の影響か、二人の弟たちも卓球部だったし、二人の息子たちも卓球部だった。

挙げ句に、次男の嫁は中学時代の女子卓球部の部長というおまけ付き。

昨夜の戦いでは、今大会無敗だった伊藤が先ず負けてしまう。

続く石川と福原が勝ち、再び、伊藤。

5ゲームまで持ち込む壮絶な死闘の末、辛くも勝利して決勝進出が決定。

いつも明るくあっけらかんとしていた伊藤の号泣に思わずもらい泣きしたのは私だけではなかっただろう。

卓球勝利

我々が感動するのは単に日本が勝利したからだけではない。

勝利の裏にある彼女たちの「昨日よりは今日、今日よりは明日と精進する姿」に胸を打たれるのだ。

よし、私もがんばろう。





スポンサーサイト