現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2016年03月31日 (木) | 編集 |
昨日と今日、二日間かけてアンプス及びパイオニアプロダクションが引っ越しをしました。

荷物の運搬はもちろん業者さんがやってくれたのですが、解体した机を組み立てたり、配線をしたり、荷物を箱から出してしかるべき所に納めたり、前のスタジオに行って掃き清めてきたり、それだけでもクタクタ。

ちなみに、パイオニアプロダクションは少し小さくなってしまいました。

今までの応接テーブルや書庫は新しいスタジオに合わないので廃棄。

オフィスバスターズと言う中古屋さんの通販で適切な物を新規購入したのですが、それらが届くのは4月5日なので、まだ箱から出せない荷物がいっぱいあります。

と言う訳で、落ち着くのはもうちょっと先。

写真はそれから公開しますね。

とは言え、仕事の方は待ってくれないので疲れた体に鞭打って今日の夕方から早速取りかかりました。

新しい校舎とスタジオで、心機一転、頑張ります!


仕事と言えば今朝のこと、通勤途中に「まぼろしのパン屋」という小説を読み終えました。

まぼろしのパン屋

あまりの感動で溢れる涙をハンカチでぬぐいながらの読了でした。

仕事観、人生観を大きく揺さぶられる思いがしました。

出世とかお金とか安定とかより、もっともっと大切なものがあることは分かっていたつもりですが、最近卑しい思いがついつい頭をもたげがちでした。

帰宅の電車でもラストシーンを読み返してまた涙したとき、自身の今年のテーマを思い出しました

それは「純正」。

純で正しく生きていこうと固く心に決めたことをわずか3ヶ月で忘れていました。

今後はテーマを忘れず、日々、心新たに生きていこうと思います。

スポンサーサイト
2016年03月29日 (火) | 編集 |
アンプスとともにパイオニアプロダクションも引っ越すこととなり、ここのところその準備でてんやわんや。

いよいよ明日に迫った中、昼過ぎにはやるだけのことをやり尽くし私の机も解体。

仕事も出来なくなったので、早めにあがりました。

中野で妻と合流して、以前から妻が行きたいと言っていた神田の純喫茶に行きました。

平日しかやっていないので、行こう行こうと言いながら、なかなか行けずにいたお店なのです。

その名も珈琲専門店「エース」。

エース外観

海苔トースト解説

「海苔トースト」が有名でテレビでもよく取り上げられる店です。

70歳を過ぎた兄弟がやっているとても雰囲気のいいお店で、メニューにはかなりの数のコーヒーがあってどれにしようか迷うほど。

それぞれ「ゴールデンキャメル」と「ロイヤルブレンド」にして食事の方は名物「海苔トースト」と「ローストビーフサンド」を美味しく頂いてきました。

「海苔トースト」は170円と安いのですが、海苔とバターと醤油が絶妙な味わいで名物になるのも頷けました。

妻がもう一度食べたいと言うので再注文。

「ジャマイカンマジック(ラム酒に生クリーム、シナモンシュガー)」というコーヒーとともに頂いてきました。

お会計のときマスターに感謝の言葉をかけたら、奥さんにということで「海苔トースト」のミニのぼり旗を貰えました。

のぼり

ワーイ!

その後、神田の街を散策し、最後は「梅林」という中華料理屋さんで食事をして帰ってきました。

神田はカレー屋さんとお蕎麦屋さんの多い街でした。

2016年03月27日 (日) | 編集 |
アンプスの卒業式が執り行われました。

卒業証書の授与。
卒業生一人一人の挨拶。
先生方からの祝辞。

卒業式16327

小さい学校なので教室内で和気藹々と進行して、儀式のあとは飲食しながらの懇親会。

宴たけなわではございますが、で一本締めという流れ。

卒業生全員に私のイラストエッセイ本「アニメと共に三千里」が配られた為、懇親会の時にサインを求める人の行列が出来ました

サインなどするほどの者ではありませんが、それで喜んでくれるならいくらでも。

絵も描いてほしいという学生が2名いたので、「おそ松さん」好きの子には「十四松、チビ太、ハタ坊」を、「クレヨンしんちゃん」好きの子には「しんちゃん」を描いてあげたら狂喜乱舞してくれました。

仕事で絵を描けば収入にはなりますが、たとえ1円にもならずともダイレクトに喜んでくれるその笑顔には、お金に換えがたい価値を感じました。

巣立っていく学生たちに幸あれ。


2016年03月22日 (火) | 編集 |
私の新しい本ができましたーっ!

「アニメと共に三千里」と題したイラストエッセイ集です。

20160316_091623.jpg

プロになる前に夢中になったアニメ4本と業界に出てから関わったアニメ24本のイラストを描き、それにエッセイを添えた私の半生記なのでーす。

私の大好きなアニメ「母をたずねて三千里」をもじったタイトルですが、私の人生を三千里とすると、とうに二千里は過ぎているでしょう。

旅を終えた主人公マルコ・ロッシが父に言います「素晴らしかったんだ、僕の旅」と。

私も人生の最後にそう言えるようなゴールを目指していきたいと思います。

とは言え、まずは一日一日を大切にしていかなくちゃね。


「アニメと共に三千里」は、アンプス事務局にて1000円で販売していますが、「まんだらけ」さんでも販売して頂けることになりました。

是非是非、お買い求めくださいませ!


追記

①今日3月22日は、亡き父の誕生日でした。

②確定申告の還付金が戻ってきました。



2016年03月13日 (日) | 編集 |
一昨日、妻と大島に行って来ました。

一応、私の誕生日記念と言う名目で申し込んだ「特選椿巡りコース」という東海汽船のツアー。

竹下桟橋から、8時10分発の高速ジェット船(時速80キロ)に乗ること2時間、大島の岡田港に到着。

船内行き
船内は飛行機と似た感じ

下船
大島岡田港にて下船

生まれてこのかた島という所に行ったのはこれが初めて。

大島は葉っぱの形の島で、正式には伊豆大島と言い、面積は山手線の内側くらいで、人口は約9000人とのこと。

見た限りでは大型店舗やコンビニもない、極めて田舎と言った感じの島でした。

小雨降りそぼる中、観光バスに乗ってまずは椿花ガーデンへ。

椿ガーデン

椿と言うのは別品種の椿と交配したがる花らしく、その為に2200を越える膨大な品種があって、それぞれの特徴を楽しめるのが良いところのようだ。

これは流刑人の末裔と言う陽気な案内人のおじさんの解説である。

「晴れて温かい日よりも、雨が降って寒い日の方が花が凛として美しいですよ」と言うおじさんの言葉を心の拠り所にして強風と雨の中、時には傘をオチョコにしながら椿を見て回りました。

その後、大島温泉ホテルに向かい、そこで昼食。

昼食

島っ子膳という海産物尽くしの献立でした。

肉がたべたーい!

その頃から雨が雪に変わり、あっという間に積もり始めました。

次の三原山山頂へ向かう時には10メートル先が真っ白で何も見えないという状態で、そんな中でのバスの運行にヒヤヒヤしました。
山頂
案内板も雪に覆われてしまった

大島で3月に雪が降るのは極めて珍しいとのことなので、得難い体験が出来たと喜ぶことにしました。

今回のツアーのキャッチフレーズ「椿まつり、いいとこどり」が「雪まつり、あまやどり」になってしまいました。

その次に行ったのが最大のみどころである大島公園。

低いところに降りてきた為か、雪は再び雨になりました。

東京ドーム1,5倍の広さを誇る園内に約5000本の椿が咲き誇る大島最大の名所。

園内には動物園や椿資料館も併設されています。

椿踊り

動物園

椿資料館

椿園

見て廻っている間に雨がやっと止んでくれました。

その後は岡田港に戻り、船が出る迄の間、お土産屋さんを見て回ったり、路地裏を見て回ったりしました。

今回のツアーで面白かったのは、バスで隣の席に座っていた双子の姉妹が、宝塚の元トップスター、水夏希にそっくりだったこと。

水姉妹
水姉妹の後姿

宝塚好きの妻が興奮して、もしかしたら本人かもとか言い出して、彼女らを水姉妹と名付けて観察を始めました。

見て回ってバスに戻る際に、いつも最後に戻って来るのが水姉妹だったのも笑えました。

ほぼ完全に別人と分かってからも、水夏希の明日のブログをチェックしようとか、ネタにして楽しみました。

竹下桟橋に戻ってからはゆりかもめで新橋に行き、妻が以前から一度行ってみたいと言っていた「パーラーキムラヤ」さんと言うレトロな喫茶店で夕食を頂いて帰りました。

キムラヤさん

私はナポリタンとフルーツパフェで、妻はチキンライスとプリンアラモード。もちろんコーヒーもチェック。

雨には祟られましたが、それがかえって思い出にもなった。楽しい一日でした。



2016年03月09日 (水) | 編集 |
本日3月9日、誕生日が巡ってきた。

「おめでとう」と言ってくれる人がいる。

何がおめでたいのか、考えてみる。

節目のこの日を健康で迎えられたことが何よりもめでたいことだと思う。

6、7年前に仕事でお世話になった人が去年の10月に亡くなっていたことを
つい最近ネットで知った。

ネットビジネスを立ち上げ、全国各地で精力的に講演活動を行っていた最中、駅のホームで急に倒れてそのまま亡くなったようだ。

心筋梗塞とのこと。

私より少し若く、まさにこれからと言う時だっただけに無念だったと思う。

健康面では心身共に気をつけていこうと思う。

いい栄養をとり、毒を取らず、循環を良くし、ストレスをためず、全てのことに感謝して生きていこう。

さて、誕生日ということで、息子からドイツのウインナー、妻からドイツのビールを贈られました。

誕生日ウインナー

ありがとう。

私の夢の一つはドイツに行ってウインナーを食べながら現地のビールを飲むことでしたが、なんと、行かずして叶いました。



2016年03月05日 (土) | 編集 |
昨夜の世界卓球、女子の準決勝、日本対北朝鮮戦は、観戦後に精魂尽き果てるほどの壮絶な死闘だった。

私は自分が卓球をやっていたので、世界卓球は毎回どうしても見てしまう。

私の影響か、二人の弟たちも卓球部だったし、二人の息子たちも卓球部だった。

挙げ句に、次男の嫁は中学時代の女子卓球部の部長というおまけ付き。

昨夜の戦いでは、今大会無敗だった伊藤が先ず負けてしまう。

続く石川と福原が勝ち、再び、伊藤。

5ゲームまで持ち込む壮絶な死闘の末、辛くも勝利して決勝進出が決定。

いつも明るくあっけらかんとしていた伊藤の号泣に思わずもらい泣きしたのは私だけではなかっただろう。

卓球勝利

我々が感動するのは単に日本が勝利したからだけではない。

勝利の裏にある彼女たちの「昨日よりは今日、今日よりは明日と精進する姿」に胸を打たれるのだ。

よし、私もがんばろう。