現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2015年10月29日 (木) | 編集 |
朝は青汁1杯、昼はスムージー1杯、夜は普通に食事と言う、一日一食生活に加え、適度な運動をし始めて、ちょうど2ヶ月になりました。

折れ線グラフで体重と腹回りのサイズを記録し始めたのが1年前。

当時と比べると、体重は10キロ減、腹回りは9センチ減。

途中、お正月にリバウンドもありましたが、良くここまでこれたものだと、折れ線グラフを眺めながらしみじみと思う今日この頃。

折れ線グラフ

最終的には、一日一食生活を始めたこの2ヶ月間で、適正体重になり(むしろ下回り)、腹回りもメタボ域を脱しました。

ポッコリお腹でなくなったのは嬉しい限りです。

目標は達成しましたが、今の生活パターンは、まだしばらく続けていこうと思います。

今の体重を維持しつつ、もっと筋肉をつけて、代謝の良い、脂肪のつきにくい体にしていこうと言うのが次の目標。


スポンサーサイト
2015年10月25日 (日) | 編集 |
本日、新所沢公民館のホールでアニメについての講演をしてきました。

講演時間は1時間20分。

内容は、日本のアニメの現状(パワポ)、テレビアニメの52年史(ムービー)、作画のデモンストレーションの三部構成。

なっしー

私の講演の前に15分間、女子高生シンガー、なっしーさんの弾き語りがありました。

まだ高校1年生なのに、凄い才能を感じました。

もうすぐCDを出すそうなので、応援していきたいと思います。

幅広い年代の方々に来て頂いたのですが、私の講演で、ご年配の方々が楽しんで下さったかどうかは疑問。

対象者の年代の幅が広い講演は難しい。

何か共通項を見つけてそれを核にしていけばいいのかも、とは思うのですが、それが何なのか…。

12月にも別の所から講演を依頼されています。

こちらは中高生が対象なので、やり易いとは思っていますが、しっかり練って臨もうと思います。

ここの所、ただでさえ忙しい中、講演準備の為、寝不足の日々だったので思いっきり寝たーい。

ところで、今日の主宰者の方から、お礼と言うことでこんな素敵なものを頂きました。

ブリザード

プリザーブドフラワーと言うらしく、本物の花なのに枯れない加工がされているとのこと。

ありがとうございました。
2015年10月24日 (土) | 編集 |
私が原付バイクで走っていると、ラーメンの屋台が並走しているのに気付きました。

引いて歩くタイプの屋台なのに、自動車道を走行しているのです。

屋台とバイク

エンジンかモーターが組み込まれているのだなあと思いました。

その時、私がヘルメットをしていないことに気付きました。

しまったぁーと思い、バイクを止めました。

Uターンしてヘルメットを取りに帰るのに、バイクを走らせてしまおうか、テクテクと押して歩こうか迷いました。

と、そこで目が覚めました。

夢で良かったぁーと心から思いましたが、他人様にはどうでもいい話ですよね。

バイクに乗らなくなって6年くらい経ちますが、夢で乗ることになるなんて…。

夢って本当に面白い。
2015年10月23日 (金) | 編集 |
4年ほど前から、仕事の時には老眼鏡をかけるようになりました。

眼鏡はずっと100円ショップのものでした。

それでも本当に良く見えるし、結構シャレオツなものもあって不便はしていませんでした。

安いこともあってか、しょっちゅう何処かに置き忘れるので私にとって眼鏡は消耗品のようなものでした。

しかし、絵を生業(なりわい)とする者として、仕事中くらいはちゃんとした眼鏡をかけようと思い、一週間前に地元の眼鏡市場というお店で検眼してもらい、フレームを選んで注文してきました。

それを昨日、受け取って来ました。

ジャーン!

めがね!


お値段は26000円。

今までの眼鏡なら260個も買える値段なので、これは職場常設にして大事に使おうと思います。

かけ比べてみてビックリポン!

目の前にレンズがある感じが全くなく、こんなにハッキリと見えるなんて! と感動するほどの鮮明さ。

これでいい仕事が出来るかどうかは別としても、気持ち良く絵と向き合えることは嬉しい限りです。


目に限らず、最近、様々な局面で老化現象を自覚することが多くなっています。

老化と言うのは、死に至るまでの間に起こる機能の低下です。

どんな人でも、これだけは避けて通れませんし、木の葉だって枯れて落ちていきます。

しかし、薄汚く枯れるのではなく、人に愛でられる秋の紅葉のように美しく老いていきたいものです。

そうなる為にも、食事、運動、考え方、生き方をしっかりと模索し実行していかねば、と思う今日この頃です。

そこで一首。

美しく 赤や黄色に染まる木々
かくありたしと 思う歳かな

2015年10月16日 (金) | 編集 |
NHKの朝の連続ドラマ小説「あさが来た」の原作本「小説・土佐堀川」を読了しました。

実は、読みたくて買った本ではなく、読んで欲しいと言われて頂いた本だったので、正直言ってモチベーションは低かったのですが、いざ読み始めると‥‥主人公、広岡浅子の生きざまに魅了され、電車を乗り過ごすほどに。

幕末に生まれ、明治大正を駆け抜けた女性実業家の波瀾万丈の実録小説です。

七転び八起きではなく、九転十起(きゅうてんじゅっき)を信条に生き抜き、まさに命懸けで未踏の原野を切り開いていった人で、その生き方には大いに感銘を受け、時に涙しました。

転んでもただでは起きない、と言う言葉がありますが、広岡浅子の生き方はまさにそれで、どん底の中で気付きを得て、倒れるたびに成長していくのです。

その過程で多くの人達のリスペクトを集め、志を同じくする後継者を数多く育て上げていきました。

先日倒産したマングローブの社長さんがもし知り合いだったら、是非贈りたい本です。

あsがきた2

ちなみに、「あさが来た」と言うと、先ずはラジオ体操の歌を思い出してしまう私って、やっぱり昭和人なのね。

新しい朝が来た 希望の朝だ
喜びに胸を開け 大空あおげ
ラジオの声に 健(すこ)やかな胸を
この香る風に 開けよ それ 一 二 三


2015年10月12日 (月) | 編集 |
今日は2ヶ月ぶりにお休みを取って、ある所にいく予定の日でした。

一ヶ月以上前から申し込みをしていたもので、行けなくなったらキャンセル料を払うようなイベントでした。

にも関わらず、昨日、仕事中に腰をギクッと痛めてしまったのです。

どうなることかと思っていたのですが、今朝、起きたら痛みは多少軽減していて、これならコルセットで固めていけば大丈夫と判断して出かけることにしました。

なぜならば、結婚33周年を記念して申し込んだ大事なイベントだったからです。

クルーズ新聞
イベントの新聞広告

海外旅行に行きたいのは山々なれど、諸般の事情がそれを許さず、とりあえず船で日本を少ーしだけ離れて日本全国の美味しい料理を頂くというイベント。

クルーズ料理1
的鯛のソテー(長崎県)、天草産みやび鯛のグラタン(熊本県)
クルーズ料理2
仙台和牛のローストを大島産天然塩「海の精」で(宮城県)
清流若鶏の自家製燻製(岩手県)
カミコミ豚のヴァプールアールグレイの香り(北海道)
十勝産南瓜のプリン等


今日だけはダイエット中のルールを忘れて、東京湾クルーズ、レストランシップのヴァンテアン(フランス語で21という意味)号で思う存分、舌鼓を打ってきました。

クルーズ記念
オープンデッキでの記念撮影

クルーズスナップ>
東京湾からのぞむ太平洋の水平線

食事のほかにも、演奏や抽選会(はずれたけど)や焼酎の試飲会とか楽しいイベントが色々あって、全く飽きることのない2時間半でした。

何よりもかによりも、妻が少女のように喜んで、はしゃいでくれたのが私にとっては一番嬉しいことで、とてもいい思い出になりました。


クルーズ船長二人
スタッフに撮ってもらった船長服を着ての記念撮影(700円)

腰の方もなんとか持ちこたえてくれて無事帰宅。

明日からの激闘の日々に備えて、今日はもう休みます。
2015年10月11日 (日) | 編集 |
今日、職場で、ちょっとかがんだときに腰に激痛が走りました。

しまった!

これまでの人生で何度か経験しているぎっくり腰の予兆です。

ここのところ、かなり根を詰めて仕事をしてきたからなぁ。

実は明日、二ヶ月ぶりの休みを取って妻と行く所があるのです。

一ヶ月以上前から予約を取っている所で、今更行けないとなるとキャンセル料が発生します。

休める状況ではないのですが、それでも休むために無理をしてきたのが祟ってしまったようです。

今までの経験からすると、この痛みは今をピークに沈静化するか、明日になると悪化して動けなくなるかどちらかです。

今日は7時には帰宅して氷で冷やして今、安静にしています。

明日の朝どうなっているか?

湿布をして早めに休もうと思います。

湿布


よりによって、こんなときに腰を痛めた私の、明日はどっちだ?
2015年10月09日 (金) | 編集 |
1ヶ月以上前から、昼食は置き換え食として粉末スムージーを豆乳で割って飲んでいます。

豆乳には無調整のものと調整されたものがあります。

また、紀文を筆頭に多くのメーカーが様々なタイプのものを出しています。

色々試してみた結果、私がたどりつたのは、スジャータの「飲む大豆:大豆丸ごと飲料(無調整)」。

daizu.jpg

おから入りなので食物繊維がたっぷりなうえ、とても濃厚なところが気に入りました。

スムージーは「グリーンベリースムージー」と言うもので、かなりとろみが出るタイプなのですが、豆乳の方もとろみと言って良いほど濃厚なので、混ぜるとフルーチェのようになります。

なので、飲むと言うより食べると言うのに近く、その分、腹持ちが良くなるので助かっています。

中野のスーパーでしか見かけないのでメジャーではないようですが、豆乳を飲まれる方は是非一度お試しあれ。
2015年10月06日 (火) | 編集 |
中堅のアニメ制作会社「マングローブ」さんが倒産しました。
何度か打ち合わせに行ったことのある会社なので感慨深いものがあります。

かつてお世話になった作品は「デッドマンワンダーランド」と「ハヤテのごとく」。

デッドマンワンダーランド

ハヤテのごとく!

マングローブさんは今年の11月公開の映画を制作中だったとのことで、どこか引き継いでくれる会社が見つからないと大変な事になります。

それよりも何よりも、スタッフへの支払いや、社員さんの今後の身の振り方等、問題は山積していることでしょう。

また、大きな夢を抱いて会社を立ち上げた社長さんにしてみれば、それが頓挫してしまったこと、スタッフたちを路頭に迷わせてしまったこと、関係各社に迷惑をかけてしまったことなど、無念至極のことだと思います。

更に3億5千万円以上の負債をどうするか、今はお先真っ暗でしょう。

私も学校(アンプス)を立ち上げた一人として、学生やスタッフ、関わっている全ての人達の為に気を引き締めていこうと改めて思いました。

人はどん底に落ちた時に真価が問われると言います。

社長さんには、この難況を試練と捉えて乗り越えてもらいたい。

これまでにご自身が作ってきたアニメの主人公が、絶望的とも思える苦難を乗り越えて、多くの人達に感動を与えてきたように。

2015年10月02日 (金) | 編集 |
今日はスマホを家に忘れて出勤してしまい、不便な一日を過ごしました。

帰宅してから確認すると不在着信やら留守電やらが何本も入っており、人様にも迷惑をかけてしまったようです。

スマホ(ケータイ)もパソコンもなかった時代の事がふと思い出されました。

交際中だった頃の妻、ゆみ子は大泉学園のアパートに住んでいて電話がありませんでした。

私は荻窪のアパートに住んでいて電話(固定電話)はありました。

冬の寒い夜、ゆみ子から電話がかかってきました。

公衆電話のボックスからです。

「どうしたの?」と私。

「声が聞きたかったの」とゆみ子。

「ありがとう、寒くない?」

「大丈夫‥‥ねえ、小幡君」

「何?」

「‥‥会いたい」

キューン!!! としたものです。

若きゆみ
当時の妻はアイドルのように可愛かった

あれからウン十年。

妻はラインで、どうでもいいことにおバカなスタンプを付けて日々送ってきます。

当時は今と比べれば確かに不便でしたが、何十キロも離れた二人が会話出来るなんて、すごい事だとは思うのです。

不便だったからこそ情緒があった‥‥そんな時代でした。

昭和は遠くなりにけり。