FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2015年06月07日 (日) | 編集 |
今日は午前中、仕事に行って1時には帰宅しました。
私がかつて勤めていたアニメスタジオ「スタジオカーペンター」の初代社長、大工原章先生のお墓参りに当時の仲間達と一緒に行くためです。

今月の17日が3回目のご命日になります。

今回の件は、かつての同僚H君の発案で実現したのですが、そのお墓がなんと私の住んでいる東所沢にあるという事実にびっくりしたのは先日のこと。

ということで、集合場所は我が家の最寄り駅、東所沢駅前。

私達夫婦プラス4人の計6人が集まり、駅前からの送迎バスで墓苑に行きました。
皆とは30年ぶりの再会です。

彼や彼女らと仕事をしていたのは20代の頃なので、30代、40代のみんなを知らず、50代で再会するという一大事。
もちろん外見はそれなりに変わっていましたが話し出せば昔のままで嬉しくなりました。

大工原先生のお墓

お墓では、お花を供え、線香をたき、私が代表でお手紙を読み上げ、大恩ある大工原先生に、ねんごろにご挨拶をしてきましてた。

二日間続いていた雨が上がってすばらしい天気でした。
午前中にご親族が来られたらしく、清められたお墓にお花が飾られていた上、テントまで設置されており、まるで大工原先生に歓迎されているような不思議な気持ちになりました。

その後、皆にはせっかくなので我が家に寄ってもらい、お茶をした後、近くの徳樹庵の個室で会食をしました。
積もる話は尽きることなく、3時間くらい楽しく過ごして散会し、駅前で再会を約して別れました。

とても懐かしく、そして楽しくて、まるで大工原先生に見守られているような意義ある一日でした。
大工原先生、本当に本当にありがとうございました


スポンサーサイト