FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2015年01月27日 (火) | 編集 |
昨日、二つ前の職場で一緒だったMさんから、彼女の手作りのカレンダーを頂きました。

以前、彼女が仕事で地方に行った時に知り合った和紙の業者さんから善意で頂いていた紙を使ったとのこと。
彼女は、かねてから趣味で身につけた活版印刷の技術を持っていて、12センチ幅の長い和紙を見たときに、ふと思い付いてカレンダーを作ってみたのだそうです。

彼女は、去年の10月に「ここは自分が長くいる所ではない」と気付き、勤めていたイベント会社を退職しています。
今はフリーのライターとして依頼された仕事をこなしながら次の職場を探している最中で、そんなタイミングだからこそ、このカレンダーが出来たようです。

完成品を和紙の業者さんに送ってみたところ、とても気に入ってもらえたそうで、来年度のものから世に出していけたらいいですねといったような展開になっているとか。

私は最初、トイレットペーパーの芯のようなものに巻いたものを受け取ったのですが、それを伸ばしてみるとぉー……。

見よ、これがそのカレンダーだ!

カレンダー

素敵だと思いませんか?

現物もさることながら、形になるまでのプロセスが、とっても素敵だなぁと思うのです。
偶然や善意や閃きが身に付けたスキルとも結び付いて、絶妙なタイミングで形になっていく所に、何か人智を越えた必然なるものを感じるのです。

彼女にはお礼に私の本「乙女のポリシー」を差し上げました。
カレンダーは私の部屋にさっそく飾りました。



スポンサーサイト