FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年09月03日 (水) | 編集 |
いま取り組んでいる単発作品で私が原画を担当している中で、ずっと後回しにしていたカットがありました。

昨日、それ以外のカットが全て上がったので、ついにそのカットと対峙することになりました。

そのカットと言うのは原爆がピカッと光ってキノコ雲になるまでの尺10秒くらいのカットです。
いわゆるピカドンですね。

そんなものは過去に描いたことはないし、描けるような気がしなかったので、ずっと後回しにしていたのです。
しかしどんなに先送りしても、いつかはやらなきゃならない訳で、ついにその時が来ただけのこと。

核爆発

先ずはYOU-TUBEで核爆発の映像を沢山見まくりました。
その中で絵的に良いものを駒送り的に止めながらスケッチしてタイミングを分析しました。
それをもとに原画を描いてみたら、意外とあっさり出来てしまいました。

案ずるより産むが易し、ですね。

私はもちろん、核兵器には絶対的に反対です。
原発にも反対です。
そもそも人類が原子力を使うこと、核との共存そのものに反対なのです。

科学技術というよりも、恐らくは人間の精神レベルが上がらない限り、核を制御しきることは出来ないでしょう。
戦争などという低レベルなことをやっているうちは絶対に無理です。

というより、物理的に存在するものを原子レベルで分裂させ破壊するという行為そのものが、宇宙への冒涜であり、絶対的な悪行なのだと思います。

将来的に核エネルギーを活用するときがきたとしても、それは核分裂ではなく核融合であるべきでしょう。

スポンサーサイト