現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年09月27日 (土) | 編集 |
今週は楽しみに視ていた3本のドラマが立て続けに最終回を迎えてしまいました。

「若者たち」

「アオイホノオ」

「花子とアン」です。

来週から何を楽しみに生きていけばいいのだろう。

スポンサーサイト
2014年09月26日 (金) | 編集 |
金曜日は基本的に大宮の高校での授業です。
高校は大宮の駅から歩いて20分近くかかるので大変と言えば大変。
健康の為にはいいことなので頑張っています。

大宮から中野の職場に戻れるのは5時近くになってしまいます。

そんな自分へのご褒美(女子か!)は授業が終わってから大宮駅構内で買う出来立てフルーツジュース。

ju-su.jpg

大抵はミックスジュースです。
冷たくて美味しくて体が喜ぶのが分かります。

昔、NHKの「みんなの歌」で「ぼくのミックスジュース」という歌がありました。
「みんなの歌」は小学生の頃、好んで見ていた番組です。
映像がアニメーションだと特に嬉しかったのを覚えています。

それが、後に自分がアニメーターになる事を示唆する片鱗だったのか、それとも子供っていうのはそういうものなのかは分かりませんが、どうでもいいことですね。

2014年09月24日 (水) | 編集 |
暑からず寒からず、穏やかな季節。
爽やかな風、青い空に天高く鱗雲。

うろこ雲

大仕事のピークが過ぎて、明日には楽しみにしている次の仕事の打ち合わせが控えています。
忙しさの余り整骨院に行かなくなってから、何故か通院している間は全然良くならなかった腕の痛みが引いてきて、間もなく全快の兆し。
心地よい職場と仲間たち。
愛する家族。
「かたつむり枝に這い、すべて世はこともなし」
少なくとも、今、ここで私は平穏で幸せな時を享受しています。

そんな矢先にある友人から「リストラされることになった」という主旨のメールを貰いました。
自身の体験も踏まえて激励の返事を打ったものの、具体的に何もしてあげられない自分を歯がゆく思っています。
人生の曲がり角には何が待っているか分かりません。

しかし全ては成長するため(魂を磨くため)の一里塚です。

今回の人生で取り組むと決めた課題が時がきて目の前に現れただけのこと。
全ては順調に進んでいることの一つだと思えばいいのです。
勿論それが簡単ではないことは分かっていますが、私自身、何度も苦難を体験してきたことで、そう思えるようになりつつあります。
この課題のテーマは何なんだろうかと考えると希望と勇気が湧いてきます。
全てのことは、より良くなるために起こっている、と信じられれば、恐れはなくなります。

彼が今回の試練を乗り越えて一つ上のステージに上ることを祈るとともに、私に出来ることがあれば何でもして差し上げようと思います。



2014年09月19日 (金) | 編集 |
Y校時代の同僚仲間で暑気払いをしようという話があったのですが、ようやく昨夜、それが実現しました。
暑気どころか秋の冷気が漂う時季になってしまいました。

四人が集い、中野の焼き鳥専門店でジョッキを傾けました。
一人は某大手アニメ制作会社のマネージャー。
一人はバリバリの女性アニメーター。
そしてもう一人は今もY校で頑張っている職員。

生ビール

全員が40才以上なので最初の一杯目は迷うことなく生ビールの中ジョッキ。
最近の若い連中は、最初からサワーとかカクテルにするので、どうも情緒がありません。

7時くらいから始めたのですが、積もる話に花が咲き、あっという間に4時間が経過。
又の再会を約して散会しました。

かなり飲んだのに、今朝は爽やかに起きられたのは、楽しいお酒だったからかな。

2014年09月14日 (日) | 編集 |
注文していた二冊の本が届きましたー!

一冊は、関修一さんの「関修一の世界 キャラクターデザイン・ワンダーランド」。

20140914_112945.jpg

もう一冊は、羽山淳一さんの「アニメキャラクターの作画&デザインテクニック」。

羽山

これらの著者は二人とも、圧倒的な画力と素晴らしいセンスを持ったカリスマアニメーターです。
私自身ずっとリスペクトしてきたお二人でもあります。

関さんの原画集からは癒しと刺激を頂こうと思います。
羽山さんのテキスト本からはアニメーターとして学びを得られるように、しっかり読み込んでいこうと思います。

2014年09月13日 (土) | 編集 |
昨日は金曜日だったので大宮の高校での講義の日(のはずでした)。

準備万端で行く気満々だったのですが、朝、念のために手帳を見てみたら、文化祭のため休講と書いてあるじゃありませんか。
高校にも電話で確認をとったところ間違いなく休講であることが判明。

と言うことで、急遽休みをとってハリウッド映画「ゴジラ2014」を妻と観て来ました。

そう言えば、ゴールデンウィークに一日だけ休みをとって以来なので、4ヶ月ぶりの休日(泣)。

ゴジラポスター

映画は立川のシネマシティのシネマ2。
せっかくなので3Dの字幕の方を観て来ました。

突っ込みどころは色々ありますが、そんなものを穴埋めして余りある程の圧倒的迫力のスペクタクルシーンを堪能させて頂きました。

ムートーの口をこじ開けてその体内に放射熱線を放ったところは、まさにクライマックスで、その迫力とかっこよさにはしびれました(ネタばれゴメン)。

渡辺謙は、なんかウロウロしてるだけで役に立っているんだかいないんだかって感じでしたが、ガッジーラではなく、ゴジラと発音していたのが唯一良かったです。




2014年09月11日 (木) | 編集 |
新しい財布を買いました。

今までの財布は8年程前に妻からプレゼントされたものです。
このとおり随分とくたびれているのが分かります。

20140911_062619.jpg

この8年の間には、転職、脱サラ、アニメーターとしての現場復帰、学校の立ち上げ、アニメスタジオの設立、息子の結婚、孫の誕生、様々なことがあり、この財布とは、かなり密接に苦楽をともにしてきました。
財布さん、長い間、本当にありがとうございました。

新しい財布は明るい色の牛革製です。

ジャーン!
20140911_064011.jpg

遊び心満載の財布で、開くと右側にはこんな文字が書いてあります。

20140911_064057.jpg

「あなたに会えて、うれしい、楽しい、幸せ、ありがとう」
財布を開くたびにポジティブで福を呼ぶような言葉を目にできるので、素敵なことだと思います。

そして左側にはこんな文字が!

20140911_064129.jpg

「たくさんの仲間を呼んでくれてありがとう、おはよう、おかえり」

お金というのは、人に喜ばれるような使い方をすると嬉しくなって、仲間を連れて帰ってくるそうです。
だからというのではありませんが、お金に対する執着心を捨てて、気持ちのいい循環を心がけていきたいものです。

これからの数年間は、この財布とともに、自分や周りの人が「うれしい、楽しい、幸せ、ありがとう」と言いたくなるような人生を歩んで行こうと思います。

肝要なことは、全てのことに、ただ、ひたすら感謝あるのみ…だと思っています。



2014年09月03日 (水) | 編集 |
いま取り組んでいる単発作品で私が原画を担当している中で、ずっと後回しにしていたカットがありました。

昨日、それ以外のカットが全て上がったので、ついにそのカットと対峙することになりました。

そのカットと言うのは原爆がピカッと光ってキノコ雲になるまでの尺10秒くらいのカットです。
いわゆるピカドンですね。

そんなものは過去に描いたことはないし、描けるような気がしなかったので、ずっと後回しにしていたのです。
しかしどんなに先送りしても、いつかはやらなきゃならない訳で、ついにその時が来ただけのこと。

核爆発

先ずはYOU-TUBEで核爆発の映像を沢山見まくりました。
その中で絵的に良いものを駒送り的に止めながらスケッチしてタイミングを分析しました。
それをもとに原画を描いてみたら、意外とあっさり出来てしまいました。

案ずるより産むが易し、ですね。

私はもちろん、核兵器には絶対的に反対です。
原発にも反対です。
そもそも人類が原子力を使うこと、核との共存そのものに反対なのです。

科学技術というよりも、恐らくは人間の精神レベルが上がらない限り、核を制御しきることは出来ないでしょう。
戦争などという低レベルなことをやっているうちは絶対に無理です。

というより、物理的に存在するものを原子レベルで分裂させ破壊するという行為そのものが、宇宙への冒涜であり、絶対的な悪行なのだと思います。

将来的に核エネルギーを活用するときがきたとしても、それは核分裂ではなく核融合であるべきでしょう。