FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年07月27日 (日) | 編集 |
「思い出のマーニー」を観たことをきっかけに、私にとってのマーニー探しをしてみました。

マーニー2

私には祖母が二人いました。
祖父は二人とも私が生まれる前に亡くなっています。

母方の祖母は優しいおばあちゃんでしたが、山形に住んでいたので滅多に会うことはありませんでした。
ガリガリに痩せていて、語尾に「はあ」がつく山形弁が印象的でした。

父方の祖母は同居していたので当然、印象は強く残っています。

実は母と祖母は嫁姑の仲が良くありませんでした。
そもそも結婚そのものに反対していたようです。
そのためか、祖母は父親似の兄を溺愛し、母親似の私を露骨に邪険にしました。

兄は確かに出来の良い子だったし、私は相対的に出来の悪い子だったので、それも理由の一つだったかもしれません。

当時(私が小学2年生の頃)、NHKで「次郎物語」というドラマをやっていました。

次郎物語

主人公の次郎(私と同じ二男)が祖母に邪険にされ続けるシーンを見ながら自分と重ねて観ていた覚えがあります。
ちなみに、次郎を演じていた子役は、後にガンダムのシャアの声優としてアニメ業界にも名を馳せた池田秀一氏です。

さて、そんな祖母が私が小学3年生の頃、寝たきりになりました。

ある日、家に私と祖母しかいなかった日のことです。
祖母が私を呼ぶので行ってみると「足元にゴキブリがいるから追い払ってちょうだい」と言うのです。
見てみるとそれはゴキブリではなくコオロギでした。
「コオロギだから大丈夫だよ」と言って、それでも追い払いました。

その後に聞いた祖母の言葉は一生忘れないものとなりました。
「きいちゃん(私のこと)には良くしてあげなかったのに、ありがとうね」と言うのもでした。

祖母はそれから間もなくしてお題目を唱えながら眠るように亡くなりました。
生前に貰ったこの一言が、もしなかったら、私は幼心に傷を負ったままだったかもしれません。

私にとって祖母の亡骸は生まれて初めて見る人間の死体でした。
火葬場で見た祖母のお骨は真っ白で綺麗なものでした。
それに引き替え、隣の焼き場から出てきた老婆のお骨は真っ黒でした。
「うちのおばあちゃんは成仏したんだよ」と言う大人の言葉を子供ながらにも深く噛み締めました。

ただ、死と言う未知なるものへの恐怖心がかなりあったようで、祖母の遺品の入っていた小屋を開けることすら出来ませんでした。

そんなある日の夜、布団に入って眠れずにいた時、天井の方から突然はっきりとした祖母の声で「きいちゃん」と呼び掛けられられました。
天井の片隅に一瞬、祖母の顔が浮かび上がりました。
私は思わず「なあに?」と返事をしたのですが、その後は沈黙が続くのみでした。
不思議と怖くはありませんでした。

大人になってから、というか40歳を過ぎた頃から、あっちの世界にアクセスしている時に脳がしびれるような感覚を持つようになりました。

表現が難しいのですが、「そういうことかー!」という小さな悟りというか気付きがあるときに限って脳がジーンと心地よくしびれるのです。
そして、その感覚が、「宇宙がOKしてくれている」という確信に繋がるのです。

数年前、仕事中(特に授業中)にあまりの眠さについ、うとうとしてしまった時に肩をつつかれて意識を取り戻すという経験が何度もありました。
ところが、振り返っても誰もいないのです。
明らかに物理的な感触があったので当初は不思議に思いましたが、何度か続くと只純粋に「ありがとうございます」とお礼を言えるようになりました。

そんなことも含めて「守られている」と言う感じになることが今でも良くあります。

直感的に祖母が守ってくれているような気がして、去年、帰りの夜道を歩きながら天に向かって「おばあちゃんなんですか?」と問いかけたことがありました。
そのとたんに脳が強烈にジーンとしびれたので、やっぱりそうなんだと思いました。

過去は変えられませんが過去の出来事に対する解釈を変えることで自分を縛っていたものから解放されることがあります。

幼児期にトラウマの原因をもった人に退行催眠をかけて当時の出来事を再体験させると、大人の視点でその出来事を解釈し再構成することで、トラウマを解消することが出来るそうです。
トラウマの原因が幼児期でなく、前世にある場合は前世まで遡る前世療法が効果的だそうです。

前世療法はいつか受けてみたいとは思いますが、祖母については、前世療法を受けずとも、私の中では記憶の再構成ができています。

私の祖母は幼い私を邪険にするという役割を持って存在してくれていたのです。
それは私のカルマの解消のためであり、かつ、そのような体験をすることで学ばなければならないものを私が持っていたからなのです。
しかし、それがトラウマにならないように、亡くなる直前に、謝罪と感謝の言葉を残してくれたのです。
その言葉を貰えるきっかけとなったのはコオロギですが、そこにコオロギが存在していたことは決して偶然ではないでしょう。

「思い出のマーニー」は、まさに主人公の杏奈が記憶の再構成をして成長していく物語です。

現実的に考えれば杏奈の不思議な体験は白昼夢でしょう。
私も中学生の頃は夢遊病の気(け)がありましたし、夢か現実か区別がつかないような白昼夢を見ましたのでよく分かります。

祖母のことはいつか文章にしておきたいと思っていたので、マーニーを観たことはいいきっかけになりました。
本当にありがとうございます。


スポンサーサイト