FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年07月07日 (月) | 編集 |
月曜から土曜までは、毎日、何かしらの授業があります。
日曜日は学校の体験イベントがたいていあるのですが、昨日の日曜日は何もなかったのでアニメーター仕事に専念出来ました。

レイアウトやラフ原画の場合はクリエーティヴな作業なので頭を使うのですが、昨日の仕事は作画監督と戻ってきたラフ原画の仕上げ(第2原画)だったので、山のようにある仕事を切り崩していくような作業をひたすらしてきました。

ワンセグテレビを見ながら作業したのですが日中に感動的な番組が立て続けにありました。

男手一つで育ててくれた父が癌になり、余命幾ばくもない中、娘が父に花嫁姿を見せたくて様々な障害を乗り越えて病院で結婚式を挙げるドキュメンタリー。

もう一つは、かつて角界を揺るがした八百長疑惑の最中、疑惑をかけられて角界を追放された二人の若き力士(ともに潔白を主張)のその後を追ったドキュメンタリー。
一人は裁判で戦い、勝利を勝ち取って角界に復帰。
もう一人はプロレスラーに転向し信じてついて来てくれた彼女と結婚し、新たな道を力強く邁進。

ともに感動的だったのは親方や家族が信じてくれていて、その思いに応えようと挫けずに頑張っていく姿でした。
私はテレビを見ながら人知れず、溢れる涙を拭きつつ仕事をしたのでした。

脱法ハーブを吸引してクルマを暴走させて人を死なせた事件とか、カラ出張疑惑の号泣県議とか、イヤなニュースばかりの昨今、人の心をいい意味で揺さぶる番組がもっと増えてくれればいいなと思いました。

ニュースというのは基本的に事故や事件を扱いますが、心温まる出来事ばかりを集めたニュース番組があってもいいと思うのです。

スポンサーサイト