現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年06月29日 (日) | 編集 |
「小説・秒速5センチメートル」を読みました。
同名のアニメ映画を新海誠監督が自らがノベライズしたものです。

ここで私が感想を書いても、知らない人にはさっぱり分からないでしょうから感想は書きません。

5センチ

言いたいことはただ一つ、映像表現と文章表現の違いを痛烈に感じたと言うこと。

何十回も観た作品なので文章を読んでいても否応なしに映像は浮かんでくるのですが、小説には映画になかったエピソードがいくつか出てきます。
そこで浮かんでくるイメージは、どうしても輪郭があやふやになってしまいます。

想像の翼が自分の持っている知識の範囲内でしか羽ばたけないことにまどろっこしさを感じてしまいました。
逆に映像を通して私が解釈していたこととは違う意味付けが小説の中ではなされていたことには驚きました。

文章表現に比べて映像表現は解釈の幅が当然広くなるわけですから、受け手の解釈が作者の意図と違っていてもいいとは思うのです。
映画やドラマを観る時、映像から得られたキャラクターの心情を私達はより深く掘り下げて共感したり、疑問を感じたりするものですが、小説では、その作業は、ほぼ作者に委ねられてしまいます。

映画の方では若干消化不良だった部分が小説を読んだことで明白となり、こなれてくれたことは嬉しいけれども、「何かはっきりしないもどかしさ」も実はなかなか良いものだったと言う再発見もできました。
とにもかくにも、受け手の数だけ「秒速5センチメートル」はあっていいのでしょうね。

小説の方では、映画でスルーされていた大学生時代が描かれていました。
主人公の半生を描くにはかなり重要なファクターだと思うのですが、敢えて映像化しなかった意味は理解できるような気がします。
過去の集積は必ず「今」を形作っているものだから、今を見せることで暗に過去を感じさせることは出来るものです。

例えば、知り合った人の過去を聞かなくても、この人は野山を駆けずり回ってたんだろうなぁとか、この人は塾通いして親の期待に応えようとしてたんだろうなぁとか、この人はなんでもかんでも中途半端にしてそれを回りのせいにしてきたんだろうなぁとか、分かるものです。

具体的に描かず受け手に感じさせるという手法は、まさに映像表現の得意とするところであり、だからこそ重要なファクターですら敢えてバッサリと切り落としたのではないだろうかと勝手に思っている私なのです。


スポンサーサイト
2014年06月22日 (日) | 編集 |
2週間ほど前、セーラームーンオンリーイベントに出展する人からイラスト本を出さないかと打診され、受けてしまったのが運のつき。
エッセイ付きのイラスト本にするので、30枚のイラストと28のエッセイを書くことになったのです。

とは言え、イベントは10月なので描き上げるのは8月中旬まででいいと言われたのですが、描き始めたら止まらなくなりました。
毎朝早起きして出勤前に描き続け、仕事の合間にも描き、文章は通勤電車の中でスマホで打ちまくり、何と昨日完了させてしまったので、さっそく担当者に納品してしまいました。
後は本の完成を楽しみに待ちたいと思います。

かなりの負担だったことは確かですが、寝ても覚めてもセーラームーンのことばかり考えてきたこの2週間は、ウキウキと楽しいものでもありました。
描きあげてしまった今、寂しさすら感じます。

絵を描くことの楽しさを忘れていた自分に、それを気付かせてくれた2週間だったような気がします。


セーラームーン表紙(仮)
これは表紙の案ですが、ほぼこんな感じになるでしょう




2014年06月17日 (火) | 編集 |
私の親の世代(昭和ひとけた生まれ)が生きてきた時代は、大変と言うよりも物凄い時代だったと思います。
戦争や疎開を経験し、極貧の中で焼け野原からの復興を目の当たりにし、経済成長の恩恵に浴し、バブルの崩壊に遭遇し、PCの時代を迎え、晩年には世紀をまたいで今に至っているのですから、まさに激変に次ぐ激変の時代だったと言えるでしょう。

子供の頃、お袋はよく自分の子供時代の話をしてくれました。
勉強が出来たので、先生が進学させてやって欲しいと親に言ってきたにも関わらず、貧しかったため中学に進めなかったこと。
おてんばだったので男の子に負けなかったこと。
小学校が空襲にあって友達が亡くなったこと。
可愛かったので外国人がブラウスをくれたこと。
自転車に乗ってたら後ろからトラックが迫ってきて材木に突っ込んだこと。

当然ながらお袋にも少女時代があり、乙女となり、電車の中で大学生だった親父と出会います。
親父の親は郵便局長の娘と親父を結婚させルつもりだったので、二人は駆け落ち同然のように結婚したそうです。
よってお袋と祖母(姑)との確執が長い間続くことになりました。

4人の息子を育て上げ、十数年前にわがままな夫を看取る迄には私の知らない苦労も数多くあったであろうと思います。

平和で豊かな世の中になりましたが、今のお袋にとっての最大の心配事は、どうも我々4人の息子たちのことのようです。
次男の私も含めて4人ともが、それぞれに抱えている問題で、お袋に心配をかけてしまっているのは申し訳ないとは思っています。
しかし、問題があればこそ成長出来るのだから心配するのではなく、ただ見守って頂ければと思います。

私も父親です。
親として息子たちの平穏な生活を願ってはいますが、それ以上に、何があってもくじけない人間としての成長を願っています。

問題があることが問題なのではなく、問題を成長の糧として捉えないことが問題なのだと思っています。
物質的には豊かな時代になりはしましたが、年間3万人の自殺者があり、100万人のうつ病患者がいるそうです。
21世紀は心の豊かさを模索する時代にしなければなりません。

宮崎駿監督は「もののけ姫」で「生きろ!」と訴え、「風立ちぬ」では「生きねば!」と訴えました。
一貫してこの世の中は生きるに値するものだとも言っています。

前向きに生きることそのものが価値であり、無難に生きようとするところには価値がないと言えるでしょう。
半分は自分の為に、もう半分は周囲の人の為に生きていけば人は輝きます。
その輝きこそが価値なんだと思います。



2014年06月13日 (金) | 編集 |
今日は大宮の高校での授業の日でした。
朝ゆっくり出来る唯一の日。

妻も大宮に用があると言うので一緒に出て、大宮のエキュート(駅ナカの商店街)「かにチャーハンのお店」で昼食をとって別れました。

大宮駅のエキュートと言えば日本の駅ナカの第一号。
改札の中に商店街を作るという発想に敬意を表したいですね。

大宮エキュートが出来た当時(2005年)に遊びに行って、その時にもカニチャーハンを食べた覚えがあるので、9年ぶりと言うことになります。

当時からテレビでも取り上げられるほどで、行列の出来る店でしたが今日もその行列は健在でした。
隣のカレー屋さんがガラガラだったことから考えるに、ずっと企業努力をしてきたのだと思います。

私は、かにトロ玉ピリ辛チャーハン、
妻はかにかにチャーハンを頂いてきました。

1

2

大変に美味しゅうございました。



2014年06月12日 (木) | 編集 |
昨日はアンプスの創立記念日で学校はお休みでした。

阿佐ヶ谷の小さな事務所で株式会社アンプスを立ち上げ、学校運営を開始してから4年の月日が経ちました。
色んなことがありましたが、一歩一歩前へ前へと進んできた感じです。

夕方から新宿の串家物語というお店でスタッフ等10人で、お祝いの席を設けました。
1年後の5周年には学校が益々発展するだけでなく、一人一人が益々輝いて成長していたいと思います。


くしや




2014年06月07日 (土) | 編集 |
ついに関東地方も梅雨入りしちゃいました。
今日は、一日中どしゃ降り。
この時期は髪の毛がまとまらなくて困ります。

ところで、今日は金曜日。
金曜日と言えば、大宮のクラーク高校でのマンガアニメゼミの授業。
12時半からなので、11時20分に家を出れば間に合う為、朝はゆっくりできます。

昨年度迄は午前中だったので、1時半にはスタジオ入りができました。
午後からの授業だと、スタジオ入りが5時近くになってしまいます。
それでほぼ一日が潰れてしまうので、最初は不満もあったのですが、朝ゆっくり出来る快感は他に変えがたいものがあり、週に一度はこんな朝もいいものだと思うようになりました。

まだまだ修行ができていないので、心の余裕は、やはり時間の余裕から生まれることが多いようです。
時間がなくとも心に余裕を持てる境地を目指したいのですが…。

もっとも今日は仕事が押していたので、朝風呂にゆっくりと浸かったあとは、出かける直前まで自宅で作監作業(たまごっち)にいそしみました。

電車で大宮に向かっている途中、ふと、嫌な予感がして手帳を見てみると、なんと、今日はたまたま大宮の授業はない日だったことが判明。
やっちまったー!
テヘッ。
ということで、乗換駅の武蔵浦和で反対の新宿方面行きに乗ってスタジオに向かいました。

武蔵浦和と言えば、新海誠監督の「秒速5センチメートル」でリアルに描かれている駅です。
そう言えば、いつも思っているのですが、駅って同じ線だとしても、もっとデザインに個性を出してほしいです。
駅名のプレートを見なくても、パッと分かるくらいだと、面白いと思うのですが。

話が横道にそれちゃいましたが、とにかくスケジュールはしっかり確認しなくちゃね。