FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年03月16日 (日) | 編集 |
昨夜、帰宅途中にある本屋さんに立ち寄りました。
お目当ての本は見つからなかったのですが、偶然こんな本を見つけて、買ってしまいました。

「これだからアニメってやつは! 峠比呂著」

51vMd0itjML__SL500_AA300_.jpg


アニメの制作進行さん(29歳の女性)が主人公のマンガです。
制作進行さんの実態(やりがいとか悲哀)がよく描けていて楽しく読めました。

あまりの忙しさに土日も休めず、その為に彼氏にもふられてしまうというシーンがあるのですが、そう言えば私自身、今年になってから一日も休んでないなぁ。

私の仕事は講師とアニメーターです。
講師業は時間が決まっていてガチガチですが、アニメーターとしてはフリーなので仕事の調整はしようと思えばいくらでも出来ます。
いい仕事をしようと思えば仕事量を制限すればよいのですが、制限しすぎると当然収入が減ります。
必要な収入を得るための仕事量を確保した上でいい仕事をしようとすると、結果的に土日も祝日も休めないという結果になっているということです。

こうなれば解決するという事項を列挙してみましょう。

1、手が早くなる(年齢的に遅くなるのを抑えるので精一杯)
2、作画単価が上がる(半世紀前からの懸案事項ですね)
3、物価が安くなる(デフレスパイラルは時代の逆行)
4、不労所得を得る(社会音痴なので無理)
5、高額の宝くじに当たる(確率は限りなくゼロ)

いずれも現実的でないので考えてもしょうがありませんね。
でも、ひとつだけいい方法がありました!

キーワードは「少欲知足」

読み方は「しょうよくちそく」、文字通り「欲を少なくして足(た)ることを知る」ということ。
つまり、ないものを数えて嘆くのではなく、あるものを数えて感謝するという生き方のことです。

私にあるものって‥。

1、健康な心身
2、愛する家族
3、やりがいのある仕事
4、いい仲間たち
5、平和な社会

うーん、実はこんなにも幸せでした。

究極的には死ぬときに持っていけないものへの執着を断ち切れればいいのでしょうが、今はまだそこまでは無理。

今、休みも取れず働らかざるを得ない状態にあるのは、スピリチュアル的に言えば、そこから学ぶべきことがあるからであって、それを学び尽くせば休めるようにもなるでしょう。
今はこの忙しさを楽しもうと思います。
楽しめる仕事であることに感謝ですね。

これだからアニメってやつは!

スポンサーサイト