FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年03月10日 (月) | 編集 |
新海誠監督の「秒速5センチメートル」はこれまでに何度も観た大好きなアニメ作品です。
最近、学生たちに鑑賞させたり、友人に奨めたりしているので、この機会に私なりの感想を書きとどめておこうと思います。

この作品を観ると先ず、言葉で紡いでいく切ないストーリー展開に心臓をわしづかみにされます。
そして、圧倒的な映像美に心を奪われます。
更には、絶妙なるカット繋ぎと散りばめられたメタファーによる神業的な演出には、ただ脱帽するしかありません。

ラストシーンに流れるテーマソングは既成の歌ですが、まさにピッタリで、こんな所にいるはずがないとわかっていながら無意識のうちに昔の人をふと目で探してしまうと言った経験のある人にはたまらない歌なのです。
心に染み入る作品なので、何度観ても感動します。

主人公の貴樹君が中学1年生時代の「桜花抄」
高校3年生時代の「コスモナウト」
社会人時代の「秒速5センチメートル」
これら三つのストーリーで構成されていて、基本的には貴樹君の主観で語られていきますが、2作目では多くの部分が花苗ちゃんという女の子の主観で語られますし、3作目では一作目に登場した明里ちゃんの主観で語られる部分もあって、それがストーリーにこくと深みをもたらせています。

ストーリーは、社会人になっても中学生時代の初恋を引きずっている男の物語・・・・と言ってしまえば身も蓋もないのですが、それがあまりにも美しい想い出なだけに、それに縛られてしまっている男の悲哀が胸に迫ります。
悲しい想い出はトラウマとなり、良い想い出は執着になってしまうことがあるものですが、執着は手離さなければ前に進むことが出来ません。
執着と愛は似て非なるものなのです。

冒頭に出てきた小学生時代の踏切が、大人になったラストシーンにも出てきます。
私自身が高校時代、毎日使っていた小田急線の踏み切りです。
遮断機の降りた踏み切りの向こうとこっちに別れた二人。
電車で分断された二人は電車が行き過ぎれば再開出来ると誰もが思います。
ところが……。
最後の最後、主人公は執着を手離して新たなスタートを切ったかのように感じられます。
明確な表現ではなく、あくまでも暗喩なのですが・・。

3作目での歌にのせたPV調のシーンは短尺のカットが非常に多く、時にサブリミナル効果かと思うほどです。
しかも、そういうカットに結構重要なメッセージが秘められていたりします。
つまり重要なメッセージが見逃されてしまうという致命的なリスクを持った作品と言えるかもしれません。
しかし、逆に言えば、観る度に新たな発見があるとも言える、魅力的な作品なのです。

ちなみに、秒速5センチメートルというのは、桜の花びらが散り落ちていくスピードだそうです。
新海監督の作品は「暗いから好きじゃない」という人もいるので、押し付けがましいことは言いたくはないのですが、おすすめ作品なので、ご鑑賞頂きたいと思っています。

秒速

そう言えば、男の恋は「名前をつけて保存」だけど、女の恋は「上書き保存」だそうで、男って悲しくも愛すべき生き物なんですね。

生きる事の意味が「学び、成長すること」であるならば、共に生きて学びあうケースもいれば、別れることで学ぶというケースもあります。
親族、恋人、夫婦、子供、友人、上司、部下、同僚、先生、生徒等々、人生には多くの出逢いがあるけれど同じ数だけ別れもあります。
その全てに、大なり小なり意味があって、何かしらの学びが秘められています。
この人と出会わなかったら全く違う道に進んでいただろうという人がいます。
たった一言が人生を変える事すらあります。
だからこそ出逢いは大切にいていこうと思う。
嫌な人との出逢いすら、「成長を促してくれる為にそのような役回りを演じてくれているのだ」と感謝できたとき、得てしてその人はフェードアウトしていく。

「秒速5センチメートル」のテーマは出逢いと別れ(喪失)です。
センチメンタリズムに酔えるという感情面だけでなく、観た人はそこに自分の人生を重ねて、深い部分の意味を探っていくという内観の機会を与えてくれる作品でもあります。

スポンサーサイト