FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年02月18日 (火) | 編集 |
テレビのニュースを見ると、雪のせいで孤立している地域がたくさんあるとのこと。
制作進行さんの話によると宅配便でやり取りしている地方のアニメーターさんとのやり取りが雪のせいで滞っているそうです。
それでも所詮は他人事と思っていました。

ところが、私が作画監督をやらせてもらっている作品の原画マンさんの中に大阪や新潟の人がいて、カットの回収が出来ずにいるとのこと。
その上、明後日にはまた雪が降るらしいとの事で、全く他人事ではありませんでした。

そう言えば昨日の事です。
東所沢駅で武蔵野線の電車に乗った直後、乗り換え線である中央線が止まったという放送が入りました。
急遽、次の駅(新秋津)で降りて武蔵浦和に向かい、反対回りの埼京線で迂回して中野の職場に行きました。
30分程ロスしてしまいましたが、授業には余裕で間に合いました。

トラブルの原因が雪のせいかと思いきや、どうもそうではなさそうなのです。
迂回中に、中央線が止まった理由をネットで探ったのですが今一つはっきりせず、情報が錯綜しました。
ドアの故障、急病人多数、煙が出た、お客さんが線路に降りた等々、様々なツイッター情報が入ってきました。
これらがあとになって見事に繋がった時には思わず膝を叩きました。

つまり、こういう事。
ある車両がドア故障を起こして東小金井の駅で動けなくなった。
そのため他の車両が駅と駅の間で停車した。
その車両の中で、あるお客さんの携帯電話が煙を出した。
その煙を吸って具合の悪くなった人が複数出た(これが複数の急病人)。
危険を感じた人が非常コックでドアを開けた。
開いたドアから降りたお客さんが線路上を歩いた。
という訳でした(スッキリ)。
いわゆる負の連鎖ってやつですが、こんなこともあるんですね。

それにしても携帯電話が煙を出すって言うのはニュースレベルの大問題だと思うのですがいかがなものでしょうか。

全く関係ないのですが、今朝がた、空を飛べるようになった夢を見ました。
あまりにもリアルな夢だったので、目が覚めてからも、もしかしたら飛べるかもと思ってしまったほどです。
ところが、現実の世界では引力のパワーは抗しがいものがありました。

子供の頃に大好きだった「スーパージェッター」というアニメがあります。主人公ジェッターは30世紀から来たタイムパトローラーなのですが、反重力ベルトというものをを装備していて、それを作動させると空が飛べたのです。

superjetter.jpg

21世紀ではまだ無理なのかなぁ(ショボン)。

スポンサーサイト