現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2014年02月21日 (金) | 編集 |
フィギュアスケートの浅田真央ちゃんの演技には日本中が涙したと思います。
昨日のショートで失敗し16位という状況から、今日のフリーの演技を完璧に決めて6位まで上がりました。
しかし、もうメダル云々ではなく、彼女が全てを出し切り微笑めるかということが一番大事なことでした。
演技し終わった瞬間に表情がゆがみ、涙涙の真央ちゃんでしたが、その後に見せた笑顔は最高に輝いていました。
最近涙もろくなってきた私は、ニュースの度に泣いています。
ソチオリンピックでは泣けるドラマが多くてハンカチが手放せませんが、ただ感動して泣くだけでいいのか、と思ったりもします。
自分もまた少しでも人の心を動かせるような仕事、そして生き方をしていきたいと決意を新たにさせてくれた真央ちゃんでした。
真央ちゃん、ありがとう!

スポンサーサイト
2014年02月18日 (火) | 編集 |
テレビのニュースを見ると、雪のせいで孤立している地域がたくさんあるとのこと。
制作進行さんの話によると宅配便でやり取りしている地方のアニメーターさんとのやり取りが雪のせいで滞っているそうです。
それでも所詮は他人事と思っていました。

ところが、私が作画監督をやらせてもらっている作品の原画マンさんの中に大阪や新潟の人がいて、カットの回収が出来ずにいるとのこと。
その上、明後日にはまた雪が降るらしいとの事で、全く他人事ではありませんでした。

そう言えば昨日の事です。
東所沢駅で武蔵野線の電車に乗った直後、乗り換え線である中央線が止まったという放送が入りました。
急遽、次の駅(新秋津)で降りて武蔵浦和に向かい、反対回りの埼京線で迂回して中野の職場に行きました。
30分程ロスしてしまいましたが、授業には余裕で間に合いました。

トラブルの原因が雪のせいかと思いきや、どうもそうではなさそうなのです。
迂回中に、中央線が止まった理由をネットで探ったのですが今一つはっきりせず、情報が錯綜しました。
ドアの故障、急病人多数、煙が出た、お客さんが線路に降りた等々、様々なツイッター情報が入ってきました。
これらがあとになって見事に繋がった時には思わず膝を叩きました。

つまり、こういう事。
ある車両がドア故障を起こして東小金井の駅で動けなくなった。
そのため他の車両が駅と駅の間で停車した。
その車両の中で、あるお客さんの携帯電話が煙を出した。
その煙を吸って具合の悪くなった人が複数出た(これが複数の急病人)。
危険を感じた人が非常コックでドアを開けた。
開いたドアから降りたお客さんが線路上を歩いた。
という訳でした(スッキリ)。
いわゆる負の連鎖ってやつですが、こんなこともあるんですね。

それにしても携帯電話が煙を出すって言うのはニュースレベルの大問題だと思うのですがいかがなものでしょうか。

全く関係ないのですが、今朝がた、空を飛べるようになった夢を見ました。
あまりにもリアルな夢だったので、目が覚めてからも、もしかしたら飛べるかもと思ってしまったほどです。
ところが、現実の世界では引力のパワーは抗しがいものがありました。

子供の頃に大好きだった「スーパージェッター」というアニメがあります。主人公ジェッターは30世紀から来たタイムパトローラーなのですが、反重力ベルトというものをを装備していて、それを作動させると空が飛べたのです。

superjetter.jpg

21世紀ではまだ無理なのかなぁ(ショボン)。

2014年02月16日 (日) | 編集 |
一昨日の大雪のせいで、昨日は地元の武蔵野線が10時過ぎまで動かなかったので、自宅作業にしました。
自宅での作業は気がゆるんで、はかどらないことが多いので、昨日は気合いを入れて一心不乱に夜の11時まで頑張りました。

実は今、ふなっしーがマイブームなので、目の前のパソコンのYOU-TUBE画面でふなっしーの映像等を見ながら仕事をしたのですが、テレビ以外でも地道な営業活動をしているふなっしーには感心しましたね。

ふなっしーのイベントでは質問コーナーがよくあるんです。
「新幹線の乗り心地はいかがでしたか?」「新幹線には乗車拒否されたので先端にへばりついて来たなっしー!」とか「ふなっしーのライバルは誰ですか?」「梨ドル界では幸水とか豊水なっしな!」とか「今夜はどこのホテルに泊まるんですか?」「近所の梨園に泊まるなっしー!」とか、機転のきいた回答が笑えます。

ところで、昨日はニュースで、どこそこの体育館の屋根が落ちたとか、アーケードの屋根が20メートルに渡って落ちたとか雪の被害が色々と報道されていましたが、何と私の住むマンションの駐車場のガラスの屋根がほとんど割れ落ちてしまいました。

20140215_135615.jpg

私の車の駐車スペースは屋根がない奥の方なので大丈夫でしたが、あまりにも意外な出来事にビックリしゃっくり。
テラスの雪かきをして結構疲れたこともあいまって、雪の重さって凄いなと実感しました。

で、今日は日曜ですが、朝9時にスタジオ入りしてアニメーター仕事(コナン、たまごっち、くつだる)と授業の為の課題作成を淡々と進めました。
どんなに頑張っても仕事がなくなることはまずなく、さいの河原の石積みのように思う反面、世間で仕事がなくて困っている人のことを考えたら、ありがたいことなんだなぁとも思います。

そんな仕事の途中、妻から電話がかかってきました。
実は昨日から札幌に住んでいる弟の嫁が仕事の手続きがあるためうちに来ており、今日は妻と越谷レイクタウンに遊びに行っているのですが、その最中での電話でした。
「しゃべるふなっしーが1280円で売られてるけどどうする?」と言うので、「もちろん買って」と返答。

それだけを楽しみに帰宅するとふなっしーがいました!
ヒャッホー!

20140216_212315.jpg

2014年02月14日 (金) | 編集 |
今日は未明からずっと一週間前の雪に匹敵するほどの大雪が 降っています。
電車は朝からもう遅れぎみです。

それでもスタジオに行って、午前中は名前の最後に「・・っち」がつくキャラばかり出てくる作品の作画監督作業。
今日の作業でようやくレイアウト修正が終わったので少しは気が楽になりました。

そんな中、今日はバレンタインデーなので、何人かの女子からチョコ等を頂きました。

20140214_112855.jpg

ありがとうございまーす。

午後からは大泉学園にあるAI(エーアイ)という会社での作画打ち合わせの予定がありました。
「大雪なので電話での打ち合わせにしましょうか」とか言ってくれるのを若干期待したのですが、そんな連絡が来ることもなく、大雪の中をいそいそと出かけました。

大泉学園駅に着くと私のデビュー作でもある「劇場版:銀河鉄道999」の発着音が迎えてくれます。

20140214_155229.jpg

等身大の999の車掌さんも迎えてくれ、微妙にテンションが上がったところで駅から歩くこと数分、エーアイさんに到着。

20140214_153156.jpg
これがAI(エーアイ)さん

打ち合わせの部屋に案内されて入ると、何と、袴を履いた和装姿のおじさんがお侍さんのようにどかっとソファに座っていました。
何者? と思いきや、なんとその人が演出家のKさんだったのです。
打ち合わせ後、ご本人に尋ねたら、日常的に和装だそうで、「こないだある作品の打ち合わせに行ったら美術監督の人も和装でしたよ、わっはっは!」と嬉しそうに語っていました。
和装もいいなぁ、とは思いましたが、私にはそこまでの勇気がありません。

その後、雪はますます激しさを増してきたので、自宅作業に切り替えることにしてそのまま直帰しました。
電車が止まってしまい寒空の下で帰宅難民になるのは絶対に避けたいところですから。
地元の武蔵野線さん、あなたを信じ切れない私を許して下さい。

20140214_162932.jpg
地元、東所沢の雪景色

もっとも、自宅じゃ仕事がはかどらないんですけどね。

今、お風呂からあがって、缶チューハイを飲みながらPCでブログを書いています(普段はたいてい通勤電車の中でスマホで書いている)。

今さっき、進行さんから三日前に打ち合わせした作品の進行状況の確認電話が入りました。
全く手つかずなので、「明日くらいから他の作品と並行しながらですけど入れそうです」と答えておきました。
人に安心を与えるのって大切なことですからね。

この後、果たして、すっかりくつろぎモードに入ったほろ酔い気分の私は仕事をするのでしょうか?

2014年02月12日 (水) | 編集 |
今日、制作進行さんに、「ブログ見つけたので読ませて頂きました」と言われたので「極秘のブログですから見ないで下さい」と言いました。

ネットにのせておいて極秘も何もないのですが、私のブログは日記みたいなものなのでリアルな世界で話題にされると複雑な気持ちになります。

そもそもコメントが滅多にないので、誰も読んでないのかなぁ、と思いきや、たまに意外な人から「見てますよ」とか言われたりして、嬉し恥ずかし気分になることがあります。

読んで貰えるのは嬉しいのですが、面と向かってその話題に触れられるのは恥ずかしいものです。
「見られるのは嫌だけど、見られないのはもっと嫌」という女心に似てるのかもしれません。

感想はぜひブログへのコメントでお願いします。

2014年02月08日 (土) | 編集 |
今日は朝から「20年に一度」級のドカ雪が降って、ご町内は一面の銀世界になりました。

私の担当している今日の土曜ゼミは昨日のうちに休講を決定していたので、今日は自宅で仕事をすることにしました。
地元駅「東所沢」がある武蔵野線は雨や雪に弱いので、朝は動いていても帰れなくなる心配があったからです。
案の定、夕方には完全に止まってしまったのでスタジオに行っていたら大変なことになっていたでしょう。

仕事の状況がかなり厳しいことになっているので自宅でひたすら頑張りました。

自宅仕事

自分の部屋だと寂しいので、リビングのテーブルに透写台を置いて仕事をしました。

夜は妻と一緒にマンションの目の前にあるバーミヤンに行って食事をしました。
ピリ辛ジャージャー麺を美味しくいただいてきました。

ばみしょく

デザート
妻の別腹にはデザートが消えていきました

積雪の深さが50センチくらいのところもあってビックリ。

テレビで「関東地方に大雪の恐れ」という表現がありましたが、これは決めつけ的でネガティブな表現だなぁと思います。
恐れるどころか、こんなに沢山降ってくれたことを喜んでいる人(特に子供)もいるのだし、雪の美しさや気持ちよさ、さらには気高さをせっかくだから味わいたいものです。

ゆき2
バーミヤンの窓から見た雪景色

雪の持つメッセージは「浄化」そして「心機一転」とのこと。
大自然からのメッセージを積雪よりも深く心に留め、明日からまた心新たに頑張って行こうと思います。

ゆき1
住んでいるマンションの入口から道の向こうのバーミヤンを望むアングル