FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年11月29日 (金) | 編集 |
レイアウトの戻りが滞っていて、昨日は少なくとも午前中は仕事がない状態だったので、いつもより1時間ゆっくり、10時にスタジオ入りしました。
アニメーターの仕事はなくても、学校関連の仕事は教材作成を中心にいくらでもあります。

今日は大宮の高校で授業を行って、スタジオへは1時半に入りました。
急ぎの仕事がなかなか帰ってこない(後が怖い)ので、今日は余裕のある仕事をまったりとして、6時くらいから延期に延期を重ねていた友人たちとの飲み会にいきました。
中野の「ぶっちぎり」という居酒屋で2時間半ほど4人で楽しいひとときを過ごして帰って来ました。
とうもろこしの天ぷらを初めて食べましたが美味しかったです。

とうもろこし
とうもろこしの天ぷら

早いもので、間もなく12月。
今年はひたすら忙しく、ぎっくり腰で往生しましたが、それ以外は穏やかな1年だったと言って良いでしょう。
来年もまた、今年のような1年が過ぎていくのでしょうか
はたまた、思いもよらない出来事が起こって波瀾万丈の1年になるのでしょうか。
と言っても、まだ1ヶ月残っているので、その間に、とんでもない出来事が起こるかも知れませんね。

ニュースを見ていると、まさかの出来事で人生が変わってしまう人達の何と多いことか。
東北の大震地震や津波、放射能の拡散被害は未だに尾を引いてますし、今年の台風は多くの死者を出しました。
通り魔殺人やストーカー殺人も絶え間なくあります。
交通事故の死亡者は年間4千数百人、自殺死亡者は年間3万人、癌死亡者は年間なんと、36万人。
死んだ人の人生は変わったとは言っても、先がないので、大変でしたねとか話すこともできません。。
けれども大きな障害を被って生き延びた人や残された家族の人生は続いていくだけに死んだ人以上に大変かもしれません。

だからこそ、人生、何が起こるかわからないものだと意識しておくことは大切でしょう。
そして、平穏な今という時にこそ覚悟を決めておくことが大切だと思うのです。

どんな覚悟かというと…
何があっても富士山のように動じることなく、それは必然であり、必要なことがベストなタイミングで起こったのだと、捉え、受けとめていくこと。
さらには、その出来事から何を学び、どのように成長していけと言われているのか、天からのメッセージをくみ取っていくこと。
まあ、要するに意味のない事は起こらないと言うことです。

スポンサーサイト