FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年11月10日 (日) | 編集 |
アンプスのフェイクスイーツ講座に通っているアニメーターさんがいて、数ヵ月前に一度、挨拶をしたことがありました。
40才くらいの元気なおばしゃんで、今はフリーで自宅作業をしているとのことでした。

その人が昨日スタジオに来て「小幡先生ってY校で講師されていましたか?」と言うのです。
話を聞いて分かった事は、その人は、20年前、私がY校に入職して講師を始めた時の生徒さんだったのです。
話しているうちに、ジョン・レノンの奥さんと同じ名前(漢字は違う)である彼女の当時の事がだんだんと思い出されてきました。

20歳で可愛いかったあの子が、20年間、業界でもみにもまれて、たくましく(ポッチャリ)成長していたのです。
病気にもなって大変な時期もったそうですが、数々の作品で作画監督もされており、アニメーターとして見事に成功していることを知り、嬉しく思いました。

私も年をとるわけだ。
今まで色んな所で教え子と再会してきましたが、一番最初の教え子との再会は初めてです。

私もまた、20年という歳月の間には色んなことがありました。
Y校をどろどろの中で退職したあと学校を2つ経て、その後にアンプスを設立したり、絶対にしたくないと思っていた現場復帰もしてスタジオを構えたり、二人のこどもをそれぞれ専門学校と大学までいかせて社会に出したり、いくつもの正念場を乗り越えてきました。

いまだに落ち着いた感はありませんし、まだまだ波乱はあるでしょう。
しかし、さまざまな体験をしてきた中で「全ての出来事は、より良くなる為に起こる」のだと捉えていけるようになりました。
今後、何があっても恐れることなく、100%受け入れて成長の糧にしていきたいと思っています。

スポンサーサイト